茅ヶ崎スクエア歯科クリニック

茅ヶ崎スクエア歯科クリニック

原めぐみ 院長

172969 df 1 main 1424143844

治す場所から、健康を確認する場所へ

―設備面の特徴というと、どのような点になるでしょう?

滅菌対策でしょうか。「ひとりの患者さんに、ひとつの器具」が原則です。アタッチメントはもちろん、タービン本体も、治療ごとに取り換えます。ユニット脇には口腔外バキュームが備え付けてありますので、空気中に飛散した塵も、これで吸い取ることができます。また、設備ではないのですが、「スタンダードプリコーション」という感染対策意識をベースにしています。例えば、医師が手袋をはめて、患者さんの口を触ったとしますよね。その手で照明器具を動かすと、持った部分にばい菌が付着する可能性があるのです。次の施術で手袋を取り換えたとしても、照明装置の同じ部分に触れてしまえば、手袋の上から感染するかもしれない。「患者さんから患者さんへ」「スタッフから患者さんへ」感染していくリスクは、滅菌器具そのものでは防ぐことができないため、動作自体に気をつける必要があるんですよ。

―先生は、「日本口腔顔面痛学会」にも所属されていますね?

おかげさまで、歯内療法について、他院から紹介を受けることが多くなってきました。ところが、精密な診断をした結果、歯根が原因ではないケースがまれに見受けられます。 いろいろと調べてみると、脳からくる神経性の疾患であったり、顎の筋肉が炎症を起こしていたり、さまざまな理由が関係している場合があることがわかりました。このような口腔顔面領域の痛みについても、学会で勉強しようと。こうした知識の取得は、これからも続けたいと思っています。

―最後になりますが、ほかに力を入れていることはありますか?

やはり、予防治療全般になります。虫歯を増やさない、歯周病を放置しない。基本的なことですが、この2点がとても大切だと思っています。とくに歯周病は、自覚意識が少なく、重度になると全身への疾患も懸念される「怖い病気」です。できれば、日頃から歯科医院を身近な存在に感じていただき、「別に痛くもないんだけど口腔内の健康維持のためにチェックしてもらおうか」という習慣に結びつけられたら、うれしいですね。当院では、ホワイトニングなどのキャンペーンを行うことがあるのですが、これも「自分の歯に関心をもっていただくきっかけになればいいな」と思って実施しています。もちろんお子さんも大歓迎です。小さいうちから予防に対する意識を持つことでいつまでも自分の歯でいられるお手伝いをしていきたいですね。私もスタッフも歯科医院が苦手な人でも緊張しないような雰囲気作りを大切にしています。患者さんが「言いたいことが言えなかった」ということがないようにアットホームな場所でありたいですね。ですから、歯と体の健康をいい状態に保つ、お役立ちスポットのような感覚で、ぜひ気軽にお越しいただきたいです。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細