茅ヶ崎スクエア歯科クリニック

茅ヶ崎スクエア歯科クリニック

原めぐみ 院長

172969 df 1 main 1424143844

会話の弾む、何でも話せる歯科医院を継承したい

―リニューアルに際して、テーマのようなものはあったのですか?

病院特有の緊張感をなくしたかったというのはありますね。外光を取り入れることで明るくし、ゆったりくつろげる丸みを持ったデザインを取り入れました。一時、主人の仕事でデンマークにいたことがありますので、北欧調の雰囲気も感じられるのではないかと思っています。それと同時に、どんなことでも話せる雰囲気作りにも気を配っています。「患者と先生」という垣根をなくしたかったので、白衣は身につけていません。私自身も女性ですから、そのアドバンテージを生かして、優しい印象を与えられたらいいなと。スタッフも気さくで、皆家庭をもっている者たちですから、お子さんの扱いにも慣れています。みんな明るく元気な性格で、とても打ち解けやすい雰囲気にしてくれていますよ。

―患者層について、教えてください。

現在のところ約1/3は、父親の患者さんでしょうか。改装に約1年半かかってしまいましたが、皆さん徐々に、戻ってきて下さっています。あとは近くにお住まいの方や、根の治療について調べて遠方から来院される方が多いですね。歯内療法の治療に長期間かかっている方も多いようで、精神的な負担が大きいばかりか、長年治療を続けていても抜歯になってしまうこともあります。その点私は、神奈川歯科大学付属横浜クリニックにいたころから難しいケースを手がけていましたので、それなりに自信を持っているつもりです。専門医として、マイクロスコープを用いて、いままで不明だった原因を特定し、効果的な治療がご提供できると信じています。

―マイクロスコープがあると、何が違ってくるのでしょう?

「直接患部を見ることができる」、これがまず第一です。例えば、X線撮影には写らないような細かな亀裂でも、マイクロスコープを使えば、モニター上にはっきり映し出されます。根に亀裂のあるケースは以外と多いのですが、肉眼や拡大鏡では、確認できないことが多く、原因不明のまま治療が長引いてしまいます。「これだけ治療を続けていれば、そろそろ治るはずなのにね」という状態が続いてしまうのです。一方、原因が特定できれば、後は必要な施術を行うだけですよね。万が一、抜歯せざるを得ない場合でも、原因を示すことができますから、患者さんの納得度が違うんです。「これじゃ、確かにしょうがないわね」といった声を聞くと、安心と信頼を得たような気がして、私もホッとします。また、患部が拡大できるということは、虫歯や歯周病治療にも有効です。総じて、「正確な診断が付けられる」そして「精密な治療が行える」ということなのではないでしょうか。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細