ひるまデンタルクリニック

ひるまデンタルクリニック

蛭間 信彦院長

17211               2

マイクロスコープを駆使した根管治療

―先生の診療方針についてお聞かせください。

ビジュアルでわかりやすく説明しながら、コミュニケーションをとり診療を進めていくことです。今、何をしているのか、この治療にどういう意義があるのかを目で見てわかるように伝えていくことが、私のライフワークになっています。ですから、最初に口腔内カメラが出たときもデジタルカメラが出たときも、すぐに飛びついて導入しました(笑)。マイクロスコープは、歯科用CTの見学に行ったときに気になり、1週間試用したら手放せなくなりました。もともとメカが大好きで、仕事とはいえ、こうした機器を導入して使えるというのが、私にとってこの仕事の魅力でもありますね。

―診療面でのクリニックの特徴について教えていただけますか。

1つはマイクロスコープを使った顕微鏡歯科ですね。動画で患部の様子を撮り、患者さんにもお見せしながら説明し、治療を進めていきます。歯科用CTも導入していますので、骨や神経の状態を把握し、治療を進めていくことができます。私は、東京歯科大学の非常勤講師も務めており、こうした先端の歯科治療について研鑽を積んでいますので、根管治療やインプラント治療も安心して受けていただけるのではと思います。また障害がある患者さんの治療も受け入れていますので、当院を探して来院される方もいらっしゃいますね。

―マイクロスコープを使った診療とは具体的にどのようなものですか。

例えば根管治療で、今まで手探りで行っていた部分を、マイクロスコープによって手に取るように見ることができるようになりました。治療の正確性も上がり、治療している私としては時間がたつのが早いんですよ。以前の根管治療は、私にとってはまるで座禅か修行のように、つかみどころがないものだったのですが、今はとてもやりがいを感じています。マイクロスコープの動画を患者さんに見ていただくシステムは、自分で研究して作りました。意外と年配の患者さんが「こういうふうになるんですね!」と喜んでくださって、私も良かったなと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細