全国のドクター9,097人の想いを取材
クリニック・病院 161,402件の情報を掲載(2020年3月29日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. 上尾市
  4. 原市駅
  5. ラフィネデンタルクリニック上尾原市
  6. 堀口 美和 院長

堀口 美和 院長の独自取材記事

ラフィネデンタルクリニック上尾原市

(上尾市/原市駅)

最終更新日:2019/08/16

171838 %e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%8d%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af%e4%b8%8a%e5%b0%be%e5%8e%9f%e5%b8%82%e9%99%a2

広い待合室・個室診療室は、白を基調にロココ調で統一され、サロンのようにリラックスできそうな雰囲気。キッズスペースや保護者と一緒に乳幼児の口腔ケアをするための、0~2歳児専用予防処置室もあり、子どもとその保護者への配慮も行き届いている。「ラフィネデンタルクリニック上尾原市」は、そんな洗練された空間で、一人ひとりに最適な治療を提供することをモットーとするクリニックだ。院長は、矯正歯科が専門の堀口美和先生。子どもから高齢者まで、平等に誠心誠意対応することを大切に、矯正治療・予防歯科に力を入れている。そんな堀口院長に診療への思いを聞いた。
(取材日2019年6月10日)

子どもと母親に優しいクリニックを

まるでエステサロンのような待合室、全個室の広い診療室と、とてもゆったりした造りですね。

20190730 1

患者さんにはリラックスして診療を受けていただきたいので、造りや雰囲気にはこだわりました。診療室がすべて個室なのは、悩みやコンプレックスを聞く場でもあるので、周囲を気にせずに話していただけるように。各診療スペースには椅子とテーブル、モニターを備えており、治療前のコンサルティングもここでしますし、ご家族で一緒に入ってもらって、待つこともできるようになっています。「矯正治療では、今の状態が同じ方でも、患者さんにとってめざすゴールは違います。」唇が出ているのが気になるのか、それとも歯並びが気になるのか、最終的に口元をすっきりさせたいのか、横顔を美しくしたいのか、それとも歯を抜かないことが第一なのか。美意識や優先順位は人によって違うので、お話を聞き、治療法や現状、今までに扱った症例、リスクについても十分にご説明した上で、どういうゴールを迎えたいのかを定めることが、治療の最初の一歩です。

2019年6月には、0~2歳児を対象とした予防処置室もオープンされたと伺いました。

もともと、予防には力を入れて取り組んでいるのですが、大人になってからだと遅いと思っています。まず妊婦さんのうちに来ていただいて、出産後0歳からケアをしていくことを勧めています。新設した予防処置室は、お母さんと赤ちゃんに一緒に入ってもらって、歯科衛生士が膝の上に乗せて歯ブラシのやり方をお伝えしたり、薬を塗る予防措置を行ったり、ケアをしたりするためのお部屋です。ここでまず慣れてもらい、その後は椅子に座って診察を受ける予防ルームへとステップアップしていきます。私自身が以前診察を受けた時に、子どもがいるとばたばたして、歯科医師や歯科衛生士さんのお話をゆっくり聞けなかった経験をしているので、この部屋は、赤ちゃんがどこに動いても危なくないように、扉さえ閉めてしまえば少し目を離しても大丈夫なようにと考えて造りました。個室で1組ずつの利用なので周りも気にならず、お母さんにとっても優しい部屋にしました。

早くから予防措置をすることを重視されているのですね。

2 20190610 0043

当院では、6ヵ月の赤ちゃんから予防処置を行っています。小さな虫歯であれば削らない対応もできるので、大人でも子どもでも定期的にケアすることがお勧めです。中でも、初めての大人の歯が生えてきた時や生えてすぐの歯はまだやわらかくて虫歯になりやすいのです。最初の1年間は特に予防することを心がけて歯を守ってあげることをお勧めしています。生えてきたばかりの歯を守るのに予防処置を行うことは、本当に大切だと考えております。

全員に平等に、誠心誠意対応することが信頼につながる

先生が、専門分野に矯正治療を選ばれたきっかけは何だったのでしょう?

3 20190610 0036

大学2年生の時に、私自身が矯正治療を受けたことです。私は、口が閉じられないぐらいかなり重度の不正咬合で、ずっとコンプレックスを感じていました。それを治してもらい、私も同じような悩みを持つ患者さんを治してあげられるようになれればと思ったんです。このことは、ホームページにも掲載しているのですが、それを読んで「安心して受けられる」と言ってくださる方も多いです。矯正治療を受ける一番のメリットは、コンプレックス解消にもつながり明るくなれることだと思います。当院で矯正治療中の患者さんには、70代の方もいらっしゃいます。専門医院に行ってくださいと、断られてしまうことも多いようで、当院に来て「今からでもきれいをめざせるんだ」と目を輝かせる方が多いですし、歯を長持ちさせるためにもお勧めしたいです。

特に印象深かった患者さんや出来事も教えてください。

研修医時代に最初に担当した、70代のおじいさまです。この方は毎年研修医が担当になっており、すれ違いや不満から、心を閉ざされてしまいました。それで、最初はなかなかコミュニケーションも取れなかったんですが、私は祖父母と一緒に暮らしていたのもあって、親切に、手厚くケアしてあげたいという気持ちが強く、その気持ちで治療を続けていたんです。すると、そんな気持ちが伝わったようで、すごく心を開いていただけて、歯ブラシもすごくきちんとしてくれるようになりました。何か言葉があるわけではないんですが、治療にもすごく協力的になってくださいました。そうして1年が終わり、担当を引き継ぐあいさつをした時も、何も言ってはいただけなかったのですが、治療後に、受付にご自身のお気に入りのCDと便箋何枚にも及ぶお手紙をくださいました。これは一生の宝物で、今も大切に持っています。

誠意が通じたのですね。

4 20190610 0085

はい。この経験から、誠心誠意患者さんに対応するのが大事なんだ、心はつながるんだと強く感じました。診療において、誠心誠意対応するのは、最も大切なことだと思っています。具体的には、まず患者さんとの間に信頼関係が築けるように、もちろん嘘はつかず、良いところだけでなく治療のリスクもきちんと話すことにしています。今どんな状態で、どのような治療法があるのか、お勧めする治療法は、そしてその根拠は何なのか、といった情報をしっかり提供し、理解して納得してもらった上で、治療を進めていきます。全員に平等に、誠心誠意対応していないと治療もうまくいかないし、信頼もされません。今でも患者さんからお手紙をいただくことはあって、歯科医師としてとてもやりがいを感じています。

子どもに最初の歯が生えたら、まず受診を

一般の歯科治療は、どのように行っているのでしょう?

5 20190610 0039

いろいろな専門分野を持つ歯科医師が在籍しているので、曜日やそれぞれの得意分野によって担当が替わります。治療をする上で最も大事にしているのは、「痛くないこと」です。特に麻酔については痛みに対して慎重に配慮をしています。まず表面麻酔を行った上で、電動麻酔器を使って麻酔を打つことによって、痛みの軽減につながるので、麻酔はこの方法にこだわって行っています。

お忙しい日々の中、どんなふうにリラックスされているのですか?

体を動かすことが好きなので、昼休みを利用してジムでトレーニングをしたり、ダンスを習いに行ったりしています。その後また診療するので、スタッフからは「よくできますね」と言われるんですが、昼休みに体を動かしたほうが、逆に調子が良いんです。

最後に、今後の抱負と読者へのメッセージをお願いします。

6 20190610 0088

すでに始めていますが、これからは一層、予防歯科に力を入れたいと思っています。特に、赤ちゃんの虫歯予防は「唾液感染を防ぐこと」と「定期ケア」が大事だということを、多くの妊婦さんに知ってもらいたいです。虫歯菌に感染しなければ、極端な話、磨かなくても虫歯にはならないですし、逆に口腔内に虫歯菌の多い人は、頑張って磨いても虫歯になりやすいです。赤ちゃんの頃に虫歯菌に感染させないことは、親からあげられる一生の宝物です。定期ケアについては、3歳時検診で虫歯が見つかったので、初めて来ましたという人が多いです。虫歯ができてからではなく、赤ちゃんに歯が生えてきたらまず歯科医院に来てほしいですね。そうすれば、予防措置で歯を守ることをめざせるのはもちろん、歯科医院に慣れやすいので、万が一虫歯になってもすぐに治療することができます。大人も同様ですが、痛くなってから来るのではなく、日頃から定期的に通ってみてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/2万円~、矯正/10万円~、セラミッククラウン/5万円~

Access