目白よしみクリニック

金井淑美 院長

171552 df 1 main 1416379395

JR山手線目白駅から徒歩8分、目白通り沿いのビルの1階に「目白よしみクリニック」はある。アールのついた曲面ガラス張りの外観がとてもおしゃれで、院内の所々にディスプレイされたプリザーブドフラワーがセンスよく、女性らしい雰囲気を醸し出している。「病気を診ることは人を診ること、患者さんに接するには笑顔も大切ですね」と明るく語るのは院長の金井淑美先生。消化器内科が専門で、上部内視鏡検査のエキスパートだ。また、夫である金井明彦先生は消化器・一般内科の他、痛みの治療にも対応、義兄である金井文彦先生は肝臓やガン治療のスペシャリストと、一般内科・消化器科・肝臓内科・アレルギー内科・女性内科にいたるまで、一つのクリニックで多くの科目を診ることができるのが特徴だ。「何でも相談できる地域のかかりつけ医になることが目標です」と真摯に話す金井先生に日々の診療に込めた思いを伺った。
(取材日2014年11月5日)

消化器内科を中心に女性だから分かる女性内科も診療

―素敵な院内ですが、開業にこの地を選ばれた経緯は?

友人がフラワーアレンジメントをしており、その関係でいつも院内は花がいっぱいで、季節によっていろいろなテーマでディスプレイを楽しんでいます。テーマカラーのグリーンは大好きな色で、落ち着きますし、患者さんに
リラックスして頂けるよう配慮しています。私は横浜の出身なのですが、結婚してこの目白に住んでもう20年になります。2人の子育てを通じて地域の友人・知人も多くできましたし、目白は大変愛着のある場所です。開業するならこの地と決めていました。クリニックは目白通りに面しており、外観はガラス面が大きく、天井も高く、開放感があって気にいっています。この辺りは昔ながらの街並も残っていますし、コミュニティ意識の高い地域でもありますので選んでよかったと思っています。

―先生が得意とする治療は?

消化器内科が専門で特に上部内視鏡検査を得意としています。内視鏡検査などは慣れない患者さんがどうしても緊張して、うまく検査できないことが多いと思いますが、当院では「優しく、苦痛なく」受診していただけるよう常に配慮しています。やはり、医師と患者さんの信頼関係は大事ですし、医師の声の掛け方一つで、患者さんの反射(咽頭反射/刺激によって咽頭が収縮したりする反応)も違ってきます。言葉をお掛けしたり、またカラダを優しくさすってあげるだけでも、この反射を抑えることができます。当院では経口・経鼻両方の検査が可能です。内視鏡検査に苦手意識をお持ちの患者さんでも、吐き気や不快感が大幅に軽減されるよう努めていますので、どうぞ安心して受診していただきたいですね。

―女性の患者さんが多いようですが?

特に女性に限定しているわけではありませんが、ホルモンバランスの乱れなどからくる疾患を「女性のならではの視点から治療する」というスタンスで診療しています。例えば更年期障害、高脂血症、そしてさまざまな成人病などですね。女性はライフサイクルの中で、いろいろと大きな変化を体験します。やはり自分自身が経験してきたことも含め、「女性の悩みを親身になって聞ける」ことが大切だと感じています。地元で買い物をしている時に「こうなっているんだけど、先生どう思う?」と気軽に声をかけていただけるような関係を患者さんと作ることが理想ですし、同じ女性として何でも相談していただける医師になりたいですね。とても身近で、よき相談相手になることこそが「私にできること」だと思っています。

記事更新日:2016/01/24


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細