一宮むすび心療内科

一宮むすび心療内科

小出 将則院長

171246 %e4%b8%80%e5%ae%ae%e3%82%80%e3%81%99%e3%81%b3%e5%bf%83%e7%99%82%e5%86%85%e7%a7%912

じっくり丁寧に、相手のトーンに合わせて話を聴く

―診療の流れを簡単に教えてください。

まずは診察室でお話を伺うことから始まります。ご本人だけで解決が難しいときには家族の方も一緒に話を聴いていただくこともあります。少しでもリラックスしていただけるようテーブルは丸く、花を置いて小物もいろいろ飾っています。診察して僕が必要と判断した場合、または患者さんから希望があった場合に、臨床心理士がカウンセリングを行います。当院には6人の女性の臨床心理士が交代で常駐していますので、いつでも受けることができます。カウンセリングルームでは、患者さんがお話ししやすいように、椅子を向かい合わせではなくハの字に設置しています。ちなみに待合室の椅子が横並びなのも、人と視線が合うことが苦手な方がいるからです。患者さんによっては診察にじっくり時間をかけますので、お待たせしてしまうこともありますが、一人ひとりの患者さんのお話に耳を傾けた診療をしていきたいので、ご理解いただけるとうれしいです。

―普段どんなことを心がけていらっしゃいますか?

患者さんのお話をよく聴くことはもちろん、声の調子を相手に合わせることを心がけています。小さい声の人にはこちらも小さい声で、声のトーンが高い人にはこちらもトーンを上げるなど、「何を話すか」と同じように「どのように話すか」も大事にしているんです。また僕は男性なので女性の患者さんにとっては話しにくいこともあるでしょうが、その辺も十分気を付けて、オブラートに包んだ聴き方をしたり、逆にストレートに聴いたりと、患者さんによってさまざまです。

―治療では漢方薬を処方されるのですね。

漢方薬は当院の治療の柱です。この地域の心療内科で当院ほど漢方治療を行っているところは他にないのではないでしょうか。僕は以前勤務したクリニックで「漢方の外来」を担当しており、現在も定期的にさまざまな科の先生方と漢方の勉強会をしています。漢方は自然の生薬ですから副作用がある場合もありますが、体にやさしいのが何よりです。効くのに時間がかかると思われている方が多いのですが、早いものでは30分、あるいは飲んだ直後に効く薬もあります。3年、5年と年単位で飲む漢方もありいろいろです。基本的にエキス剤で、院外薬局で処方してもらいます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細