荻窪おぐに矯正歯科

荻窪おぐに矯正歯科

小国武士 院長

頼れるドクター

170830 df 1 main 1414138827

矯正は専門のクリニックで行うべき治療だと実感し、一念発起

―どのような経緯で、矯正歯科医となられたのですか?

祖父が歯科医、父は医師という環境で育ち、兄も歯科医院を経営しています。そのため幼い頃から漠然と、自分も医療の道に進むものだと思っていました。高校時代には建築士になりたいと思った時期もありましたが、結局、歯科医師の道を選びました。新たなものを一から作り上げるクリエイティブな作業が好きで、設計図を作って歯並びを構築していく矯正歯科は、私にぴったりでした。しかも、口腔内は、絶えず咀嚼するため毎日のように地震が起こっているようなものです。加齢でも歯並びは変わりますから、そうした色々な要素を加味しながら治療計画を立てていくのは大変ですが、とてもやりがいのある作業です。大学に入学してすぐに矯正へ進むことを決め、卒業後は日本歯科大学の医局に残って必要な技術の習得に専念しました。その間、日本矯正歯科学会認定医を取得し、日本歯科大学新潟短期大学で歯科衛生士の講師を併任したこともあります。2006年からフリーランスとして独立し、新潟や都内の各歯科医院で矯正治療にあたりました。

―開業の意志はもともとあったのですか?

フリーランスとして一般歯科医院で治療を行っているうちに、開業の必要性を強く感じるようになりました。というのも、矯正治療は専門性が高く、保険診療とともに行うには限界があるように思ったからです。患者さんは安くはない金額を払い、年単位にわたる治療を受けるのですから、やはり一般歯科医院から独立し、専門のクリニックを起ち上げ、患者さん一人ひとりとよくお話しをしてしっかりとした診断のもと適切な治療計画を立て、お互い納得できる治療を行うべきだと思いました。

―それでは開業され、理想とされる治療を実践できるようになったのですね。

一人ひとりの患者さんにしっかりと時間をとれるようになり、メリットだけでなくデメリットまでしっかりと説明できるようになりました。「ごく稀に、矯正歯科治療の負荷で歯根が溶けてしまうことがある」などといったことも、きちんと説明するようにしています。当院では治療方針を患者さんのライフスタイルも考慮しながらできるだけ複数作るようにしています。1つはこちらが最善だと思うもの。もう一つは、患者さんの譲れない部分を優先した計画です。何年かかってもきれいに仕上げて欲しい人もいれば、とにかく早く安くやって欲しいという人もいますからね。2つの治療計画はどちらもパソコン画面でシミュレーションし、目で見てもらって違いをご確認いただいてから、患者さん自身の選択で決定します。また診療時には、毎回患者さんの口腔内写真を撮り、最初の治療計画通りに進んでいるかの症例検討を行っています。これも開院したからできることですよね。撮影した画像は、患者さんが医院のホームページのマイページで確認できるようになっています。治療過程が見えると患者さんのモチベーションの維持につながりますし、私にとっても大きな学びとなっています。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細