秋元歯科クリニック

秋元 正人院長、秋元 陽副院長

16935 %e7%a7%8b%e5%85%83%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

歯周病治療や予防歯科に注力し、訪問診療にも対応

―診療面での特徴を教えてください。

【院長】診療面では、一般歯科、歯周病治療、予防歯科が中心で、いわゆる小児歯科は少なくなっています。最近の子どもさんは虫歯の罹患率も低く、お母さん方も健康意識の高い方が多いですから、虫歯治療より、予防歯科の方が中心ですね。また、私はもともと歯槽膿漏といわれていた歯周病治療を専門としていました。ですから、今も歯周病治療や予防歯科に力を入れています。歯周病は悪くなると歯を失ってしまう原因にもなります。重症化しないことが一番大切ですから、丁寧な治療と指導を心がけています。

―診療される上で大切にされているのはどのような点ですか?

【院長】天然の歯に優るものはないですから、歯を守り、残すために、家庭でのケアも重視し歯間ブラシやフロスなど補助器具も使ってほしいとしつこくお伝えします。かぶせ物が入っている場合はトラブルが起こりやすいので、余計に手入れが必要なことも強調します。最初は「うるさいな」と言われることもありますが(笑)、続けていると習慣となってお口の中の状態も改善されるんです。ちゃんとケアしていれば、歯は一生ものだとお伝えしています。
【副院長】患者さんには決して最初からノーと言わないことですね。お話を聞いて一旦全部受け止め、そこから少しずつ理解を深めていき、その上で最善の治療をご提供することを心がけています。スタッフには、自分が患者さんの立場で受けたい治療や対応を心がけてほしいと伝えています。「若先生になって変わった」と言われると困るので(笑)、父の診療を踏襲しつつ僕のできる最善の治療を、と心がけています。

―歯科医師会での活動や、訪問診療も手がけられているそうですね。

【院長】はい。高齢になり通院が難しくなられた方には、訪問診療を行っています。歯科医師会でも地域の包括ケアなどを担当し、地域のケアプラザの運営委員も務めています。最近、歯科医師会で取り組んでいるのは、歯や口腔の機能の衰えへの対応です。この地域でも、口腔ケアをあまりされていなかったお年寄りが誤嚥性肺炎で亡くなられるということがあり、改めて、口腔ケアの大切さを認識しているところです。情報発信は歯科医師会の大きな役割ですから、口腔機能の低下に関する知識や、高齢の方の口腔ケアの重要性をもっと広めていきたいですね。地域包括ケアの中で、医師や薬剤師との「医歯薬の連携」も重要ですから、三師会などを通じてよりよい連携ができるようにしていきたいと考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細