全国のドクター8,482人の想いを取材
クリニック・病院 161,435件の情報を掲載(2019年10月20日現在)

セルポートクリニック横浜

セルポートクリニック横浜

辻直子院長

触り心地も見た目もホンモノ!
自身の脂肪を使う乳房再建術CAL

セルポートクリニック横浜

16808 hr 1 title 1413443164

2013年7月、人工乳房による乳房再建が保険適用となったというニュースは、多くの女性の心をどれだけ軽くしたことだろう。確かに大きな一歩ではあるが、人工物を用いて本物に近い自然な胸を再現する面ではまだまだ課題も多い。そんな中、新型の乳房再建術に注目が集まっている。東京大学と「セルポートクリニック横浜」が開発した「CAL(キャル)組織増大術」。法規制の関係で事業化が不可能な事業を特別に行うことができる“構造改革特別区域の特定事業”として厚労省からの認定も受けている。同術式のエキスパートである辻直子院長にお話を伺った。同時掲載の医療トピックスも併せてチェックを!(取材日2011年9月24日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

従来の乳房再建術とはどのように違うのですか?

従来の方法は、自分の体の一部を移植する「自家組織移植(皮弁)」と、人工のシリコンインプラントを胸に挿入する「シリコンインプラント」が一般的。当院オリジナルの「CAL組織増大術」は、ご自身の“脂肪”を吸引し注射器で胸に注入するので、体の一部を切り取るわけでも人工物を入れるわけでもありません。そのため、低侵襲で自然な仕上がりの胸を作ることができます。

乳がんの手術後、どのくらいの期間を経てCALを受けられますか?

乳房温存術の場合は、放射線治療をしている関係上、術後1年ほどの期間を経てからCALをお受けいただくことが可能になります。全摘手術の方は、患部の状態が落ち着いていれば、それよりも早いタイミングでお受けいただくことが可能です。いずれにしても医師との相談の上で、再建手術の時期を決定します。

最先端の医療なので費用面が心配ですが、どのようになりますか?

患者さんに状態によって1回で終わる方もいらっしゃいますし、複数回かかる方もいらっしゃいますので、これだけかかると明言はできませんが、基本的には自由診療なので健康保険は適用範囲外となります。ただし、医療費控除制度が適用されますので、乳房再建の手術にかかる費用はもちろん、治療を受けるために使った交通費なども対象となります。申告すると、支払った額の一部が戻ってきます。

検診・治療START!ステップで紹介します

自然な胸を作るための最初のステップは術前診察と検査

今までの経緯をお伺いし、お体の状態を見ていきます。診察が終わったら術前検査。これは、手術で全身麻酔を行うことが問題ないかを見るためのもので、採血、心電図、レントゲン、CTでデータをとります。胸の大きさの計測、写真撮影なども行います。

いよいよ手術!

まず、太ももやおなかから脂肪を吸引。次に、CALの要となる幹細胞の抽出をしていきます。専門の技師が、1時間半ほどかけて吸引した脂肪から幹細胞を取り出し、それを新たに吸引した脂肪に混ぜて注射で少しずつ胸に注入します。全部で3時間程度で終わりますので、日帰りでOKです。

吸引・注入を繰り返し、徐々に自分の胸を取り戻す

1度に胸に注入できる脂肪の量には限界がありますので、SETP2の工程を複数回行います。注入した脂肪は3、4カ月で自分の胸として生着しますので、そうしたら再度来院。もともとの胸に合わせた大きさ、形に近づけていきます。脂肪吸引・注入に使うのは3mm程度の管や注射針なので、大きな傷がつく心配もありません。

乳輪・乳頭再建手術で最後の仕上げ!

乳がん全摘手術を行った場合は、乳房を丸ごと切除するため乳輪や乳頭がない状態になります。最後の仕上げとして、その部分を再建する手術を行います。局所麻酔を打つ程度の小さな手術ですから、これもまた日帰りが可能です。

美しい胸を保つためにしっかりと術後診察

経過が順調かどうか問診をするほか、術後のむくみケアや下着のつけ方の指導を行います。術後は人によって腫れや痛みなどいろいろな症状が表れますので、脂肪を吸引した部分には圧迫してむくみを抑制する効果のある下着を、逆に胸は圧迫し過ぎないスポーツブラをお勧めしています。

ドクターからのメッセージ

辻 直子院長

乳房再建の方法にはいくつかありますが、今回のレポーター・石河さんの場合は、できる限り本当の胸に近い触り心地にしてほしいとのご希望があったのでCALをお勧めしました。胸の形は千差万別です。乳房再建の一般的な方法として、シリコンインプラントを胸に挿入する方法がありますが、オーダーメイドはないので患者さん一人ひとりの胸の形とは合わないこともあります。石河さんもまさにそのケースでした。かといって自家組織移植という従来の方法だと、大事なお体にさらにメスを入れなければならず、精神的・肉体的負担が大きくなります。そのようなことから石河さんには、すべてその方の脂肪のみで胸を形作る「Step-CAL」という方法が最適だと考えました。自由診療になりますので健康保険は適用範囲外となりますので、各種保険会社や国の医療費控除制度をうまく使いながら、なだらかで、きれいで、やわらかい胸を取り戻してほしいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細