全国のドクター8,454人の想いを取材
クリニック・病院 161,465件の情報を掲載(2019年9月19日現在)

駒込歯科クリニック

駒込歯科クリニック

服部 理志 院長

20181001 bana

治療への意識を高めるため口腔内状況を理解してもらう

―診療にあたって、心がけておられることはありますか?

患者さんに、ご自身のお口の中の状況を正しく知っていただこうと、口腔内カメラで撮影しながら、お手元のタブレットで見ていただけるようにしています。どこがどう悪いのか、これからどのように治療していくのかをご説明し、納得して進めていくことが大事だと考えています。また、ご自身で理解されることで、きちんと治そうとか、よい状態を保ちたいというモチベーションにもつながるので、患者さんのためになっていると思いますね。同様に、位相差顕微鏡も導入しています。それで歯垢を見てみると、いわゆる歯周病原菌であるスピロヘータなどがうごめいているのがわかり、大抵の患者さんは驚き、真剣に治療に取り組まねばと思っていただけますね。

―治療への意識が高まるわけですね。

もちろん、ただ驚かせるだけではなくて、治療が進むにつれて、そうした菌が減ってくるというのも見ていただきます。治っていく実感が得られるのですね。また、最近当院で力を入れているのが、治療する際に使うお水です。歯科治療というのは外科的な処置が多く、患者さんにお口をゆすいでいただくほかにも、治療しながら口内を水で流しているのです。その中にはどうしても血液や菌が混じるので、配管自体が汚染されやすいもの。そのため、一般的に、歯科医院の配管内の水は汚れていると考えられます。時に、感染症を引き起こすようなリスクもあり得るのです。

―貴院では、どのように対策されているのですか?

次亜塩素酸を含む、電解機能水を使っています。次亜塩素酸は、ノロウイルス対策にも使われるもので、人間の体内で免疫担当細胞として働く白血球が、進入してきた微生物に対して殺菌する過程で体内で使われる成分です。これが菌をくるみ、分解してくれるのです。電解機能水でもこの機能が生かされています。内科で採血などする際は、必ずアルコール消毒してから針を刺しますよね。同様に、歯科治療する際も、汚れた水ではなく、きれいな水を用いながら行うべきと考えています。電解機能水を使うことで、治療中の口腔内をできるだけ清潔な状態に保つことができると考えています。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/26万~33万円、歯列矯正/リンガルハーフ:85万円、マウスピース型装置を用いた矯正/50万円、ブリッジ/30万円~
※詳細はクリニックにお問い合わせください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi before
Bunkyo before
Chiba before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細