全国のドクター8,892人の想いを取材
クリニック・病院 161,001件の情報を掲載(2021年11月30日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市中央区
  4. 赤坂駅
  5. 大原ちか眼科
  6. さまざまな病気に対応できる眼科気軽に相談できるかかりつけ医を

さまざまな病気に対応できる眼科
気軽に相談できるかかりつけ医を

大原ちか眼科

(福岡市中央区/赤坂駅)

最終更新日:2021/11/12

Main Main
  • 保険診療
  • 自由診療

進行してしまってからでないと自覚症状がないことが多く、重症化すればQOLを著しく低下させてしまう眼科疾患。人生100年時代においては、日頃から眼科で定期的にメンテナンスを受け、自分の目の状態を把握し健康に保つことが重要だ。また眼鏡やコンタクトレンズはあくまでも補助的な医療器具。視力の矯正だけに注目してしまい、実際の目の健康については二の次になっていないだろうか。そこでさまざまな目の症状について、「大原ちか眼科」の大原千佳院長をインタビュー。「目のかかりつけ医をつくり、気軽にメンテナンスを」と話す大原院長に、子どもの近視をはじめ、アレルギーやドライアイ、緑内障など、クリニックで対応できる眼科疾患について詳しく話を聞いた。

(取材日2021年10月13日)

近視、アレルギー、視力低下、ドライアイ、緑内障など、クリニックでも幅広い診療に対応可能

Q増えている子どもの近視ですがどういった対処法がありますか?
A
1

▲患者の状態に合わせて、さまざまな対処法を提案

近視は基本的に治らないので、いかに抑制していけるかが鍵となります。視力を補正するための代表的なアプローチには、就寝中特殊な形状のコンタクトレンズをつけるオルソケラトロジーがあります。もちろん眼鏡で視力をサポートしていきたいということであれば、検査の上で眼鏡の処方箋をお出しします。その他、生活習慣の改善についてもアドバイスします。近視予防のためには太陽光に含まれるバイオレットライトが大切です。また、サフランやクチナシの実に含まれるクロセチンという成分も目に良いとされています。これらを食べる機会は少ないため、サプリメントのかたちで摂取するという方法があります。

Q花粉症をはじめアレルギーで困っている方も多いですね。
A
2

▲早めに相談してほしい

目がかゆい、充血する、涙目、異物感、目やになど、アレルギーの症状はたくさんありますが、原因もさまざま。スギやヒノキに代表される花粉症、ハウスダスト、黄砂、PM2.5、犬や猫など多くの原因が存在するので、まずは血液検査を行い何が問題なのかを調べる必要があります。治療法としては目薬や内服薬で症状を抑えていく対症療法が中心ですが、スギとダニに関しては体質の改善をめざし3年ほど錠剤を飲む舌下免疫療法という方法もあります。花粉症では1シーズンに3回注射を行い症状を軽減していく治療法も選べます。花粉が本格的に飛散する前から治療することで大きく症状を緩和することがめざせるので、早めの相談が肝心です。

Q眼鏡やコンタクトも眼科で処方してもらったほうが良いのですか?
A
3

▲定期的な受診が目の健康の維持につながる

あまり意識されていませんが、眼鏡もコンタクトも医療用品。本来であれば眼科で処方してもらうべきでしょう。度数を合わせるだけではなく、目の状態を確認することも非常に重要ですからね。例えば近視や老眼だと思っていても、実際にはほかの病気が隠れていることがあります。特にお子さんであればオルソケラトロジーなど治療のタイミングが重要になるものもありますし、40〜60歳の方であればドライアイや緑内障なども考えられます。概ね3ヵ月で4割の人が視力に変動があるともいわれていて、年齢や状況によって微妙に変わるもの。度数が合わなければ仕事の効率の低下や体調不良につながるので、定期的にチェックしましょう。

Qパソコンやスマホなどの普及でドライアイも増えているのでは?
A
4

▲コンタクト使用者はドライアイに気をつけよう

目がごろごろする、痛い、疲れる、違和感や異物感などの自覚症状があり、現代人とは切り離せないドライアイ。しかしコンタクトレンズの人はレンズで目がカバーされているので意外と気づきにくい。特にソフトレンズの場合はドライアイになりやすいので気をつけてください。パソコンなどの画面を見ていると、まばたきは通常の3分の1ほどに減少しますし、加えてエアコンの風や湿度など環境要因で目が乾燥するケースもあるので、生活環境を見直すことも大切。放っておくと目に傷ができてしまい、視力低下や感染症のリスクも高まりますよ。市販薬では対処できない涙の質によるドライアイもあるため、症状が続くようであれば専門家に相談ください。

Q失明の原因にもなる緑内障にも注意が必要ですね。
A
5

▲早期発見の重要性を語る院長

目の病気は進行しないと自覚症状が出ないケースが多く、そのため視野が欠けてしまうような緑内障も罹患している方のおよそ7割が未治療だともいわれています。緑内障は視力や眼圧だけで診断することができず、健康診断や人間ドックでは見つかりにくい病気です。家族に緑内障の方がいる場合や近視がある人、中でも神経が傷んでくる40歳以上に関しては20人に1人が罹患しているともいわれるので要注意。そして失った視野を取り戻すことはできません。基本的には進行を抑制する目的での治療なので早期発見が重要。目が見えていることは当たり前ではありません。人生100年時代、視覚情報がなければ人生の豊かさは大きく損なわれてしまいます。

ドクターからのメッセージ

大原 千佳院長

歯の定期検診のように、目も定期検診が必要な時代。新型コロナウイルス感染症が流行し、リモートワークや動画視聴時間の増加でクローズアップされるようにはなりましたが、なかなか浸透していないというのが現状です。目を酷使している割には定期的に眼科を受診される方は少なく、症状が出てからでは手遅れということも。だからこそ、メンテナンスのために気軽に相談できるかかりつけの眼科を見つけてはいかがでしょうか。当院では情報発信にも力を入れていて、動画共有サイトやSNS、ブログを使って目に関する疑問にお答えしています。そういうツールも活用していきながら、より自分の目に興味を持ってもらえるようになればうれしいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オルソケラトロジー治療:検査代/10万円(初年度)、検査代/2万円(2年目以降)レンズ代/2万7500円(1枚)

Access