全国のドクター8,453人の想いを取材
クリニック・病院 161,432件の情報を掲載(2019年10月14日現在)

ふくおか耳鼻咽喉科

福岡 敏 院長

166695

おもてなしの心で気持ちのいい病院づくり

―ホスピタリティーを大切にしているそうですね。

こう説明したほうが患者さんにとっていいとか、私自身も精進すべきところがあります。自分がホテルやレストランに行って、満足感が得られれば、それを当院での接遇に反映していきたいといつも思っているんです。それから、スタッフ教育も大事で、明るくて向上心のある人を採用するようにしています。患者さんの要望は先回りして対応してもらうように伝えていて、例えば咳がひどい患者さんがいればマスクを渡す、熱が出ているお子さんがいれば冷却シートを貼るなど。診察して中耳炎と診断した場合、私も耳の写真をお渡ししていますが、スタッフから改めて疾患の説明書をお渡しして、質問にも答えるようにしてもらっています。開院当初からそうしてほしいとスタッフに伝えてきましたので、それが今では文化となって、次のスタッフへと受け継がれているんです。

―アレルギーに対する舌下免疫療法も取り入れられているそうですね。

舌下免疫療法が保険適応になったのは、2年前のことです。当院で導入したのは、1年前と少し出遅れました。というのも、副作用などの問題もあるので、1年間様子を見て、動向を確認してから始めたというのが理由です。舌下免疫療法をやっている患者さんはまだ少ないのですが、一時マスコミで大きく取り上げられたのをきっかけに、始められた方は多いと思います。しかし、3〜5年と長期治療になるため、メリットとデメリットなどをきちんと説明をしていれば、中にはやらないという方もいますし、それでもやるという方は続けていくことができるでしょう。治療に関して説明が不十分だと、途中で脱落してしまうんですね。やり始めても途中でやめてしまったら意味がない。ですから、当院では慎重にやっていて、患者さんにもしっかり納得してもらうようにしています。

―先生が医師になろうと思ったきっかけや、耳鼻咽喉科を選択した理由などを教えてください。

私の実家は内科で開業していたので、内科も選択肢にありました。しかし、研修のローテーションで耳鼻咽喉科を回ったときに長くお付き合いができる、信頼できる先輩に出会い、そして診察と手術ができるのも魅力に感じて、研修医2年目で耳鼻咽喉科を選択したんです。私がいた中部労災病院では手術を積極的にやっている病院だったので、蓄膿症の手術もたくさん経験しました。もともと医師になろうと思ったのは、やはり父の姿を見て自然になろうと感じたというのが理由でしょう。地域に貢献していましたし、働いていた分だけ人に尊敬もされていたと思います。小さい頃は、困った時に人を助け、人に感謝される職業だと思っていましたから、社会貢献できる仕事だなという印象を持っていたんですね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細