全国のドクター8,988人の想いを取材
クリニック・病院 161,446件の情報を掲載(2020年2月19日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 藤沢駅
  5. すぎもと歯科クリニック
  6. 杉本 久 院長

杉本 久 院長の独自取材記事

すぎもと歯科クリニック

(藤沢市/藤沢駅)

最終更新日:2019/08/28

164882 df 1 main 1415268981

藤沢駅の北口から徒歩2〜3分。商業施設や市役所なども立ち並ぶ駅前エリアの一角にある「すぎもと歯科クリニック」を訪ねた。ビルの最上階に位置する同院からは藤沢駅が一望でき、電車やバス好きの子ども達が夢中になるという。内装には木がふんだんに使われ、ぬくもりの感じられる空間だ。院長の杉本久先生の専門は歯周病治療。大学病院で16年間勤めあげた経験を活かして診療に取り組みつつ、小児歯科にも力を入れており、待合室の一角にはおもちゃなどを備えたキッズスペースもある。患者とのコミュニケーションを大切にしている杉本先生は、ご自身のブログも積極的に更新されており、診療への思いから趣味のマラソンの話まで気さくな雰囲気でつづられている。インタビューでも、先生のこだわりや患者への思い、プライベートなどについて、たっぷりと語っていただいた。
(取材日2014年11月19日)

生まれ育った藤沢で、医療を通じて地元に恩返しを

木目の茶色を活かしたナチュラルな雰囲気の内装が、カフェや美容院のようですね。

164882 df 1 1 1415188525

設計士と3か月、じっくり相談して作りました。温かみのある、柔らかい雰囲気の空間にしたくて、パーテーションや床、受付台など、院内の随所に木を使いました。訪れる患者さんの緊張や不安を少しでも和らげて、リラックスして診療に臨んでいただけたらうれしいですね。また、当院が入っているビルは窓も大きく、さらに最上階なので陽当たりや開放感もたっぷり。明るく居心地のいい空間で治療を受けていただけます。

こちらで開業された理由についてお聞かせください。

僕は生まれも育ちも藤沢市で、幼稚園から小・中・高校まですべて藤沢市内。大学は横須賀の神奈川歯科大学に進みましたが、こちらにも自宅から通ったため、生まれてから今まで一度も藤沢市以外に住んだことがないんです。開業を考えた時も、藤沢以外の場所というのはまったく頭になかったです。開業したこのエリアは駅にも近くて便利な場所ですが、南へ4km程行くと海が見えますし、北側へ行けば山もあります。そういった、都会と田舎のいい所を両方楽しめるのも、この町の魅力の1つだと思っています。今後も住み慣れたこの町で、医療を通じてお世話になった地元に恩返ししていけたらと願っています。

訪れる患者さんは、どういった方が多いですか?

近隣にお住まいの方や、お隣の市役所にお勤めの方などを中心に、小さなお子さんから年配の患者さんまで、幅広い年代の方が来られます。ご家族やご友人の紹介や、当院のWebサイトをご覧になって来てくださる方も増えてきました。地元の方も多いので、自分の同級生や、兄の同級生のお母さんなどが来られることもあります。自分が生まれ育った頃からの近所づきあいが今につながっているというのは、とてもありがたいですね。

歯周病をご専門にされたきっかけは、どういったことだったのでしょうか?

164882 df 1 2 1415268981

うちは兄が医師で、姉が臨床検査技師をしています。その影響などもあり、子どもの頃から自然と医療系を意識するようになりました。歯学部に入った当初は、将来どういった方向に進むかまったく決めていなかったのですが、3年の実習でお世話になった歯周病学の先生がとても熱心な方だったんです。その先生のもとでもっと学んでみたいと考えるようになり、大学病院に残ることを決めました。大学病院では16年間歯周病学を専門としつつ、研修医の指導などにも取り組みました。今も若手の教育には興味があり、当院では研修医を受け入れられる「臨床研修指導施設」の認可をめざしています。開院して3年経たないと認可資格が得られないので、これからなのですが、指導を通じて僕自身もさまざまな刺激を受けつつ、次世代を担う歯科医師の育成に貢献していけたらと考えています。

専門の歯周病治療とともに、子どもの「歯医者嫌い」を防ぐ治療を

ご専門の歯周病治療についてお聞かせください。

164882 df 1 3 1415188525

歯周病とは、歯周病菌が歯茎に付くことにより、歯を支えている歯茎と骨を溶かして、最終的には歯がグラグラになって抜けてしまう感染症です。口の中だけの問題ではなく、循環器系疾患や早産、心筋梗塞や脳梗塞などの全身疾患につながるリスクがあるとも言われています。症状としては、突然痛みが出るケースもありますが、基本的には自覚症状がなく、じわりじわりと進行します。そのため歯がぐらついてきて初めて気付かれる患者さんも多いですね。特に虫歯がまったくなくて、長く歯科に行かれていない方は注意が必要。定期的に通っていただいていたら、進行する前に治療ができますから。比較的軽い症状の場合は、ブラッシングの改善やお口の中のお掃除などの初期治療でかなり効果が期待できます。症状によっては、壊れてしまった骨の再生を促す再生療法などにも取り組んでいます。

歯周病治療のほかには、どういった診療に力を入れていますか?

164882 df 1 4 1415268981

当院では小児歯科にも力を入れています。お子さんの診療にあたるうえで最も大切にしていることは、子どもを「歯医者嫌い」にさせないこと。当院では、できるだけ痛みを与えないよう治療に取り組むとともに、お子さん本人に対しても、事前にしっかりと説明を行っています。緊急を要する処置でない限り、お子さん本人が納得したうえで治療を進めるようにしています。子どもの口を無理矢理開けさせるような方法をとると、それがトラウマになり、「歯医者は痛いことをされる場所」といったイメージを植え付けてしまいます。そうするとそれ以降、絶対に来たくなくなってしまいますから。最近は親御さんがたいへん熱心で、早い方では1歳くらいからお子さんを連れてきてくださる方もおられます。小さいお子さんの場合は、まずは親御さんと一緒に診療台に座ってもらって、数を重ねて慣れきた頃に「1人で座ってみない?」とお子さんに話しかけてみます。最初は親御さんに手伝ってもらいつつ、最終的には1人で座って治療を受けられることをめざしています。小児歯科に「tell show do」という言葉があるのですが、例えば虫歯の治療の場合なら、まずは「ブラシで掃除してみよう」と伝えて、ブラシで慣らして、それから実際に削るような方法をとっています。いきなりではなく、きちんと説明を行いつつ、徐々に慣らしていく。そういった中で、お子さん自身の意思で積極的に治療を受けてくれるようになればと願っています。

患者とのコミュニケーションを大切に、納得のうえで治療を進める

治療にあたって、心がけているのはどういったことでしょうか?

164882 df 1 5 1415188525

まずはすべての患者さんに、快適に治療を受けていただくことですね。頭の位置やタオルの掛け方、ライトのあて方1つをとっても、それだけで患者さんの負担は随分変わってきます。基本的なことではありますが、非常に重要なことだと思っています。また、治療にあたっては、できるだけ歯を削らない方法を心がけています。歯を削ったり詰め物をしたりすると、歯との境目が生じます。その境目に汚れがたまることで、虫歯になるリスクが高くなってしまいますから。そして何より、患者さんお一人お一人とのコミュニケーションを大切にすることです。緊急を要するケース以外は、初診の日は審査、診断、説明だけを行っています。じっくり時間をかけて説明を行い、治療の前には鏡で虫歯があるのを確認していただき、治療の後にはこうなりましたよと確認してもらうようにしています。どんな治療においても、患者さんがきちんと納得したうえで治療を進めていくことを第一に考えています。

休日はどのように過ごされていますか?

子どもと一緒に出かけるか、あとはマラソンですね。これまではまったく運動とは無縁の生活を送ってきたのですが、健康のために一念発起、二年程前から始めました。せっかくならフルマラソンをめざそうと思い、昨年11月には湘南国際マラソンに初出場。何とかフルを完走したときは、本当にうれしかったですね。その後も今年1月の湘南藤沢市民マラソン、6月の千歳JAL国際マラソンと、挑戦を続けています。走り始めるとランナー友達ができたり、患者さんの中にも出場者がおられたりして、どんどん仲間が広がっていくのも楽しいですね。最近は自宅から江ノ島の方まで海を見ながら走って、距離を伸ばしたい時にはそのまま茅ヶ崎や平塚まで走ったりしています。桜の季節には鎌倉鶴岡八幡宮まで行ってみたりも。今は11月の湘南国際マラソンに向けて、トレーニングを進めているところです。

後に、読者へのメッセージをお願いします。

164882 df 1 6 1415268981

当院では、患者さんとのコミュニケーションを大切に、時には診療室から笑い声が聞こえてくるようなクリニックをめざしています。「歯医者」と聞くとどうしても苦手意識を持ってしまう方も多いと思うのですが、気負わず、気楽に来ていただけたらと思っています。治療の前の説明にはじっくり時間をかけますので、気になることや不安なことなどあれば、どんなことでも結構ですので気軽にお尋ねください。ご来院をお待ちしています。

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access