山口歯科クリニック

山口歯科クリニック

山口 尚彦院長

164484

丁寧な説明と徹底した治療で口腔内環境を管理

―とても素敵なクリニックですが、開業する上でこだわったところはありますか?

僕の小さい頃の経験から、歯科に対する恐怖心をできるだけ払拭できるクリニックにしたいと思い、外観内装ともに兄とこだわってデザインしました。外観はクリニックのロゴのマークを建物に取り付けたシンプルでスタイリッシュなつくりになっていますが、夜になるとライトアップされます。院内には間接照明を多く取り入れ、暖色の絨毯をひき、温かい雰囲気を演出しています。また、通院する患者さんに飽きがこないように、実は各診療室のユニット台の色がそれぞれ違うんです。それから車いすの患者さんがそのままお入りいただけるように、院内はバリアフリーに対応しています。それで以前、千葉市の行っている千葉市都市文化賞の景観広告部門にて入選し、表彰いただきました。元はといえば、患者さんが当院を推薦してくださったようで、その患者さんのお気持ちもうれしかったですね。

―診療のモットーを教えてください。

手術に至らなくて済むよう患者さんのデンタルIQの向上をめざしながら、自分がされたい治療、自分が家族にしたい治療を行うことが当院のモットーです。当院の治療方針としてはまず、口腔内環境を整えることを一番に重視しています。そのために引き出しを増やしながら、多くの選択肢を与えられるように心がけています。また歯科用CTや血圧計を導入し、患者さんに安心いただける治療を提供できるよう環境を整えています。治療というものは緊張するものです。その緊張を雰囲気だけではなく、設備や治療でも少しでも和らげるように努めています。

―こちらでは、どのように予防歯科に努めているのでしょうか?

患者さんの口腔内の現状と将来起こりうる病気について、しっかりとご説明させていただいています。例えば進行が進むと歯を失うこともある歯周病の原因は、歯を支える骨の減少にあることを知らない患者さんも少なくありません。そして、歯周病の治療で大切なのは、見えている部分でなく、歯茎の中まで徹底的に歯石を除去することにあります。重度の患者さんに対しては歯茎の中の歯石を取り除くために麻酔をかけてしっかりと治療します。それをすることで患者さんに驚かれることもありますが、もちろん患者さんに納得いただいた上で行っています。その結果、開院当初に比べて予防歯科で来院する患者さんが増えたのはうれしいことですね。

―通院を継続してもらうために工夫されていることはありますか?

初診では、レントゲン、口腔内写真に加え、重度の患者さんには僕の作成した治療計画書を一緒にお渡ししています。患者さんに合わせて治療計画書を作成していますので少々手間はかかりますが、歯科に対して不安を抱く患者さんの健康を思うとつい熱が入ってしまいますし、その僕の思いが患者さんに伝わって、通院のモチベーションになってくれたらいいな、と思いますね。診療では実際に取った歯石をご覧いただいたり、そのつど写真を撮り、最初と途中経過を比べてお見せしたりします。その変化を見て、前向きな気持ちを持ってくださいますね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細