全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)

村上歯科医院

村上歯科医院

村上文彦院長

医療トピックス

乳歯の時期から成長に合わせて行う
嚙み合わせを考えた床矯正

村上歯科医院

自由診療

Main

歯列矯正により歯並びを整えると、笑顔等の見た目が改善するのは勿論、歯磨きでの磨き残しが減り、虫歯や歯周病のリスク軽減にもなる。またかみ合わせが改善されることで顔の左右差が少なくなるため、バランスの良いシンメトリーな顔の形成にも有効と考えられている。横浜市西区戸部の『村上歯科医院』では、乳歯の時期から行う床矯正を提供。取り外し式の装置を用い、口腔内の発育を促し歯列を整えていく矯正方法だ。歯並びをきれいに並べるだけでなく、嚥下や発音の機能改善も期待できる床矯正。しかも永久歯の小臼歯の抜歯をすることなく嚥下や発音の機能改善、口呼吸やアレルギー体質の改善も期待できる嚙み合わせを考えた歯列矯正、そのメリットについて話を聞いた。 (取材日2019年8月22日)

子どもの骨格の成長を促し、抜歯などの負担を軽減

先生は小児矯正に力を入れてらっしゃるそうですね。

1 ▲早い段階からの矯正を勧めているという 歯並びが悪くなってしまうのは、顎の発育が十分でないことが原因の1つです。顎の骨が十分に発達しないと、舌が歯の中に収まり切らず、常に前歯を押し出すようになっていきます。この状態が続くと、上下の前歯が噛み合わない開咬(オープンバイト)に。上手に噛めないことで食べ物を丸飲みしてしまったり、口が開けっ放しになってしまったりします。早い段階から顎の発育に合わせた口腔内の育成を促し、歯並びを整えていくことで、見た目はもちろんのこと機能的にも整った口腔内にしていくことがめざせます。当院では乳歯列の幼児や小学生低学年からの矯正をお勧めしています。

歯並びと噛み合わせは関係するそうですね。

2 ▲歯並びの悪さは全身へ悪影響を及ぼす場合も 歯並びの悪さは噛み合わせの悪さに直結します。上手に噛めないことから食べ物を丸飲みしてしまったり、前歯が合わないことから口を開けっ放しにして口呼吸になってしまったりといった弊害もあります。 鼻のフィルターを通さずに口から直接息を吸うと、雑菌が入りやすくなることで感染症への免疫力が低下してアレルギー体質になりやすくなります。全身への悪影響も懸念されますので、お子さんの将来の健康のためにも歯並びを整えることが大切と考えております。

日々の生活習慣が歯並びにも関係してくるとか。

3 ▲患者が納得できるよう、丁寧な説明を心がけている 顎の骨の発達遅延が歯並びを悪くする主な原因と考えられていますので、それを引き起こしてしまうような癖がありましたら、正していく必要があります。具体的にはうつぶせ寝や頬杖、猫背や指しゃぶり、唇を噛む癖、足をつけない食事など。乳歯の生えてきたお子さんでこれらの癖が目につく場合には、正していくことが大切です。口をぽかんと開けている子には声がけをして意識して口を閉じさせたり、食事の時の姿勢や片噛みの癖を正す、歯ごたえのある食べ物を与えることでたくさん噛むようにする、などの習慣づけも重要です。

矯正を始めるのは何歳くらいが適切ですか?

4 ▲矯正器具。床矯正では取り外し可能な器具を用いて調整していく 床矯正では型採りさえできれば4〜5歳のお子さんから始められます。小学校入学前後のタイミングがベストです。しかし犬歯が生え変わった後など治療の開始が遅れると、場合によっては矯正器具をつける期間が7~8年と長くなってしまうことも。6歳で永久歯の下前歯が重なって生えてきたら要注意です。この時期に歯並びを相談すると「永久歯が生えそろうまで様子を見ましょう」と言われてしまうことも多いようですが、歯列弓をバランスよく成長させる観点でも、早い時期での歯列矯正をお勧めします。

小児矯正でこちらのクリニック独自の取り組みはありますか。

5 ▲床矯正を開始するには適切なタイミングがある 当院では、抜歯をしないで取り外し式の床矯正装置を用いる小児矯正治療を行っています。現在、国内での歯列矯正は永久歯が生えそろう14歳前後で開始し、小臼歯を抜いて空いたスペースに歯を並べる方法が主流となっています。これに対し、床矯正では抜歯をせずに、取り外し可能な装置を用いて発育不全症の顎を整えていきます。この装置は3ヵ月前後で作り替え、成長に合わせて1年で3〜4個の装置を使います。就寝中を含めて1日トータル14時間装着することが必要で、平均して3年程度で矯正を終了できることが多いです。歯列矯正は、狭い歯列弓を成長促進で正常化して、口腔機能発達不全症を改善する、全身の健康をも見据えた治療です。

料金の目安

初診料(資料収集 診断料として)3万円、 装置代 1装置ごとに3~6万円

ドクターからのメッセージ

村上文彦院長

乳歯列からという早い時期から開始する床矯正は、親御さんの当事者意識がとても重要です。適切な時期に集中して矯正を行っていくことが大切なので、子ども任せにすることなく、積極的に声がけして取り組んでいってほしいと思います。狭い歯列弓のまま放置して成長すると、顔が縦長で笑うと前歯の突き出た歯茎、ガミースマイルや鉤鼻、中顔面の短いくしゃ顔に影響することもあります。お子さんの本来の健康的な顔立ちで成長していくためにも、歯並びと生活習慣の改善を心がけていきましょう。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細