全国のドクター8,591人の想いを取材
クリニック・病院 161,524件の情報を掲載(2019年11月15日現在)

オアシスクリニック

オアシスクリニック

榛澤真理院長
頼れるドクター掲載中

苦痛や負担軽減に配慮
女性医師による経鼻内視鏡検査

オアシスクリニック

保険診療

自由診療

163996 hr 1 title 1448507860

内視鏡検査と聞いて、「痛い、苦しい、つらい」というイメージを抱く人は、多いのではないか。しかし、経鼻内視鏡での検査は、経口内視鏡と比較して、体への負担や、検査後の生活への影響はとても少ないという。日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医であり、消化器内科の医師として、豊富な診療経験を有する、榛澤真理先生が院長を務める「オアシスクリニック」で、経鼻内視鏡検査について、詳しく話を聞いた。(取材日2015年11月12日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

経鼻内視鏡検査で、痛みや苦しさはありますか?

口から内視鏡を入れる場合、舌の奥を押されると吐き気が多少なりとも起こりますが、鼻からの場合は、内視鏡が舌の根元に触れないので、苦しさはほとんどありません。痛みも局部麻酔をするので、ほぼ感じない程度です。

ポリープが見つかったときはどうなりますか?

一般的に、胃のポリープが、がんになることは多くないと言われています。ただ、がんが疑われるような大きいものは、組織の一部をとって病理検査をすることになります。

経鼻内視鏡検査の検査時間はどれくらいかかりますか?

検査にかかる時間は、麻酔を行う時間を含めても20分ぐらいです。内視鏡を入れている時間でいえば5分ほどになります。また検査は、健康保険が適用されますので自己負担額も少なく済みます。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診。日頃服用している薬について確認

一番大事なのは、普段、何のお薬を服用しているかの確認だという。例えば、不整脈などで血を固まりにくくする薬を服用していたりすると、内視鏡で組織をとる際に、出血が止まらなくなることもあるという。きちんと話をすることが大切。

検査の準備。食事は控えるが、飲み物は可

事前の準備として、食事は検査前日の21時くらいまでに済ませておくこと。アルコールも摂らないようにしておく必要がある。ただし、牛乳は控えないといけないが、水やお茶といった飲み物は、基本的に直前まで飲むことができる。検査の直前に鼻に麻酔薬を注入するが、注射ではないので、痛みを感じることは少ないそう。

いよいよ検査。モニターを見ながら、先生へ質問も可能

鼻からカメラを通すため、検査中でも自分の目でモニターを見ながら、先生に質問することができるという。緊張している人に対しては、看護師が後ろについて背中をさするなどして、落ち着いてもらえるよう配慮も。

エコー検査。要望に応じて、胃以外の内臓も検査

胃が痛いと感じている場合でも、実際には、他の内臓が悪いという場合も。肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓などはエコー検査で、チェックすることをお勧めしているそう。その場合翌日にもう一度来院する必要はなく、まとめての検査が可能だという。

結果。胃の中の状況について説明を受け写真を持ち帰る

検査終了後、検査結果について説明を受け、胃の中の状況を撮影したポラロイド写真を持ち帰ってもらうそう。

ドクターからのメッセージ

榛澤 真理院長

経鼻内視鏡検査は、拘束時間も検査の時間だけですし、また、検査後の食事など、普段通りの生活に戻れますので、内視鏡検査ということで身構えることなく、受けていただければと思います。最近、内視鏡検査の結果に異常がなくても、腹痛の症状を訴える方が増えていますが、「機能性ディスペプシア」という胃の働きが低下する病気の可能性があります。一度、気軽に相談してほしいと思います。

Access