医療法人社団湘仁会 ひらの歯科医院

医療法人社団湘仁会 ひらの歯科医院

平野哲也院長

医療トピックス

精密に行う根管治療で
再治療を予防して歯を残していく

医療法人社団湘仁会 ひらの歯科医院

自由診療

Main

歯の神経まで感染した重度の虫歯。従来なら抜くしかなかった虫歯でも、痛んだ神経を除去して神経が通っていた管(根管)の中を清掃することで、歯を抜かずに残せるようアプローチできるのが「根管治療」だ。「根管治療は高度な技術を要する治療。丁寧な治療を行って、再治療となるリスクを抑えていくことが大切なんです」と語るのは、「ひらの歯科医院」の平野哲也院長。根管治療専門の歯科医師とタッグを組み、先進の機器を用いながら治療を行う同院に、根管治療について解説してもらった。(取材日2019年4月5日)

建物に例えると「基礎工事」にあたる根管治療は、歯の寿命に関わる重要な治療

根管治療とはどのような治療でしょうか?

1 ▲CT画像での診断のみのメニューも用意している 根管治療は、歯の神経の治療とも言われる虫歯治療の1つです。適切な根管治療を行うことで、重度の虫歯でも歯を残すことをめざせるようになります。虫歯は歯の表面のエナメル質から内側の象牙質へと進行しますが、象牙質内であれば虫歯部分を削り詰め物・かぶせ物などの補綴物を装着することで治療することができます。しかし、虫歯が「歯髄」と呼ばれる神経や血管を含む組織にまで達してしまっている場合は、歯髄の除去(抜髄)が必要です。歯髄が通っている根管は非常に狭く、しかも複雑な形状をしているため、治療には高度な技術が求められます。そのため当院では、豊富な知識と経験を持つ根管治療専門の先生を呼んで治療を行っています。

治療はどのように進んでいくのでしょうか?

2 ▲専門家による繊細な治療 まず、虫歯になった部分を削り取って歯髄のあるところまで穴をあけ、ファイルというヤスリ状の金属機具を使って痛んだ歯髄を除去して根管内を清掃します。さらに消毒液を併用して、ファイルで除去しきれない歯髄や細菌を溶かしていきます。そして、無菌的状態になった根管内に再び細菌が侵入しないように充填剤を詰め、その充填剤と根管の隙間をセメント剤で密閉して終了です。根管治療の後は、歯の上部に補綴物を装着して修復し、噛む機能を回復させていきます。つまり、根管の治療は補綴物を支える土台としての処置であり、建物でいうと基礎工事のようなとても重要な治療なのです。

根管治療のメリットは何ですか?

3 ▲マイクロスコープにより、肉眼の20倍で治療を進めていく 何と言っても、抜歯を回避して自分の歯を残せる可能性を上げられることです。虫歯が歯髄にまで達した状態を「歯髄炎」といいますが、さらに炎症が骨にまで進行してしまうと「根尖性歯周炎」と呼ばれる状態になります。そこに根管治療を行って細菌を除去し、骨の再生を促して噛む機能を回復させていきます。ただし、一度根管治療を行っても根管内に感染が残っていると、虫歯が再発して治療のやり直しが必要になってしまいます。治療を繰り返すとその部分の負担が重なり、歯の寿命も短くなってしまいますから、1度の治療でしっかり根管内の清掃・消毒を行い、再発しないよう根管内を無菌的状態にすることが大切なんです。

根管治療を受ける際の、歯科医院選びのポイントは?

4 ▲さまざまな器具を用いて再発の少ない虫歯治療を提供 マイクロスコープとラバーダムの使用状況ですね。根管内は狭くて暗いので、肉眼ではよく見えません。そこでマイクロスコープを使うことにより、明るい照明の下で視野を20倍にまで拡大し、根管の状況を確認しながら治療していくことが可能になります。そして、ラバーダムとよばれるゴムのシートを歯に装着し、患部を唾液や細菌から守ることで再感染のリスクを抑えます。この2つの器具の使用が根管治療には重要なんです。また、根管治療後に装着した補綴物と、歯の間に隙間があると虫歯が再発する要因になることもありますから、根管治療と合わせて、しっかりと補綴治療を行える歯科医院に相談することをお勧めします。

このクリニックならではの強みなど教えてください。

5 ▲治療前には丁寧に説明してくれる 当院では前述した機器はもちろん、痛んだ歯髄を効率よく除去するため柔軟性のあるニッケルチタンのファイルを使うなどこだわっています。補綴物はセラミック素材を用いて歯と密着させているので、虫歯の再発を最小限に抑えることが可能です。当院は短時間で補綴物の作成が可能なCAD/CAMシステムを導入していますから、午前中に根管治療、午後にセラミックでの補綴治療と、通常は4~5回かかる工程を1日で完了できる場合もあります。そのため海外からの一時帰国の際集中治療をされる方もいます。セカンドオピニオンやCTによる診断のみも対応可能ですので、他院で抜歯と言われた方や治療を繰り返しても改善しない方もご相談下さい。

料金の目安

カウンセリング(30分)+CT撮影+診断/1万円、根管治療(30~120分)+術前・術中・術後レントゲン写真+投薬 治療完了まで/前歯 5万円、小臼歯 7万円、大臼歯 10万円 ※価格は状況に応じて前後します。

ドクターからのメッセージ

平野哲也院長

当院の根管治療は、私が信頼する経験豊富な歯科医師が担当しており、専門性の高い治療を受けていただくことが可能です。狭い根管の中を清掃するのはどうしても時間がかかるケースも多く、治療後の骨の再生状況によっては補綴物を装着するまでに少し時間を置くこともあります。これまでお話したような根管治療のメカニズムや治療の流れを理解していただくことで、少しでも患者さんのモチベーション維持につながればうれしいですね。虫歯治療をするのは私たち歯科医師ですが、虫歯を治すのは患者さんの力です。大切な歯をできるだけ残していくために、お互いに協力しながら一緒に治していくという気持ちで治療に臨んでいただければ幸いです。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細