全国のドクター8,960人の想いを取材
クリニック・病院 160,755件の情報を掲載(2021年9月20日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 藤沢市
  4. 長後駅
  5. 医療法人社団湘仁会 ひらの歯科医院
  6. 「自分に合う」をかなえるために細部までこだわった入れ歯づくり

「自分に合う」をかなえるために
細部までこだわった入れ歯づくり

ひらの歯科医院

(藤沢市/長後駅)

最終更新日:2021/08/03

Top Top
  • 自由診療

「痛い」「よく噛めない」「すぐ外れる」など、入れ歯のトラブルに悩む人は多いという。口腔内の状態によってふさわしい形が異なる入れ歯だが、製作にかけられる時間や材料に限りがある保険診療では、一人ひとりにフィットする入れ歯を作ることが難しいケースも。「入れ歯というのは、100人いれば100通りの作り方があります。不満を感じながら誰に相談すればいいかわからないと密かに悩みを抱えている人は多く、よく噛めるように作ったはずの入れ歯なのに、食事の際は外しているという話も聞きます」と話すのは、「ひらの歯科医院」の平野哲也院長。難症例も数多く扱い、クオリティーの高い入れ歯作製に努める同院の義歯治療について詳しく聞いた。(取材日2021年7月13日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qこちらで行っている義歯治療について教えてください。
A

噛み合わせはもちろん、見た目や噛み心地など、患者さんが入れ歯に求めるものはさまざまです。歯科医師から見て理想の入れ歯でも、それが患者さんにとってもベストだとは限りません。そこで当院では、フルオーダーメイドの義歯製作システムを使ってお一人お一人のお口に「本当に合う入れ歯づくり」を追求しています。まず、歯科衛生士が時間をかけてカウンセリングを行い、生活習慣などバックグラウンドを把握。次に経験豊富な歯科医師がお口の状態を見ながら型採りをし、カウンセリングでの情報も加味しながら、患者さんの本来の噛み合わせを再現した入れ歯を作ります。また、作製後も丁寧なアフターケアで快適な使用をサポートしています。

Q完成までどれくらいかかるのでしょうか?
A

お口の状態や作製する義歯の種類などによって異なりますが、カウンセリングで2回程度、型採りと製作で4回の通院をお願いすることになります。1度にかける時間は最低でも1時間、長い場合には2時間以上になることもあります。時間をかけて調整を繰り返すことで、お口にぴったりと合う入れ歯の完成をめざすのです。ただ、保険診療ではここまで時間をかけることは難しいため、自由診療扱いとなります。当院では、保険診療の入れ歯では満足できず、長く悩みを抱えてきたという方にも、心からお喜びいただける入れ歯を提供していきたいと考えています。

Qメンテナンスは必要ですか?
A

入れ歯はお口に入れてからが勝負です。人工物である入れ歯は、義足や義手などと同じで、使いこなすためにはトレーニングが必要です。慣れるまでは、患者さんに少し頑張っていただく必要もありますが、それを支えるのが私たち歯科医師、歯科衛生士です。長く使っていくと、残存歯の状態も変化しますし、入れ歯自体が摩耗することもありますから、半年に1度程度の通院で、適宜メンテナンスを加え、状態に合わせて調整します。ぴったりと合う入れ歯を作り、食べること、笑うこと、話すことに関わる大切な歯を取り戻すことが、QOLの向上につながるのではないでしょうか。

検診・治療START!ステップで紹介します

1カウンセリング

カウンセリングを担当するのは、入れ歯治療に詳しい歯科衛生士。どんな入れ歯を求めているのか、これまでの入れ歯への悩みや治療への不安、治療中の病気の有無についてヒアリングや、同院の治療方針や費用についての説明が行われる。カウンセリングは対面でも電話でも可。対面で行う場合は、家族の同席も可能だそう。所要時間は1時間程度で、必要があれば複数回行うこともあるという。

2検査

入れ歯治療を受けることが決まったら、あらためて予約をとって歯科医師による初診を受ける。初診では、歯科医師が口腔内を精査し、エックス線撮影や口腔内撮影、歯周組織検査を行って状態を詳細に把握する。口腔内の状態によって、歯科用CTによる撮影や唾液の成分分析、細菌検査を行うこともあるそうだ。先に治療すべき虫歯や歯周病がある場合はその治療を優先し、使用中の入れ歯があればその調整も行う。

3治療計画の説明

ひとくちに入れ歯といっても、総入れ歯から部分入れ歯まで種類はさまざま。その中から、どのような入れ歯を作るのかが決まったら、治療期間や費用の見積もりが提示される。また、複数の選択肢が考えられるようなケースではそれぞれのメリット、デメリットについてわかりやすい説明を受け、納得の上で治療を選択することができる。不明点や不安なことがあれば、このタイミングでしっかり解消しておこう。

4型採り後、必要に応じて仮の義歯を作製

入れ歯専門の歯科医師がおよそ2時間かけて型採りを行う。まずは概形印象を採り、その後精密な型採りへと進む。必要に応じて、最終義歯を作る前に正しい噛み合わせを取り戻すためのトレーニングとしての義歯を製作することも。トレーニング義歯は、歯がないことでついてしまった悪い噛み癖を正し、口腔内外の筋力回復を図るためのもので、1ヵ月から半年程度装着する。

5完成した義歯を装着

型採りをもとに歯科技工所で製作された入れ歯を実際に装着し、不具合がある部分を細かく調整する。まずは1日装着した翌日、続いて1週間後に受診して調整と、徐々に間隔を開けながら1ヵ月ほどかけて精密な調整を行い、同時に入れ歯に慣れるためのアドバイスも行われる。入れ歯完成後は、定期検診で残存歯や歯茎のチェックとクリーニング、調整などのメンテナンスを受ける。

ドクターからのメッセージ

平野 哲也院長

入れ歯が合わない、使いづらいなどのトラブルを持つ方は多くいらっしゃいます。人知れず悩みを抱え、徐々に入れ歯の使用から遠ざかってしまうという方も。入れ歯は作りさえすればそれでOKではないのです。しかし、諦める必要はありません。自分に合う入れ歯を作り、使いこなせるようになるまでしっかりトレーニングを受ければ、食べる、話す、笑うといった歯の機能を取り戻すことが望めます。当院ではお悩みを伺うカウンセリングから精密な義歯製作、完成後のトレーニングとケアに至るまで、歯科医師と歯科衛生士、専門の歯科技工士がタッグを組んで、強力にサポートしています。入れ歯にお困りの方はぜひご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

総入れ歯/77万円~、部分入れ歯/55万円~

Access