たなか歯科クリニック

田中 陽平院長

161954

めざすのは、質の高い専門性と治療効果の永続性

―クリニックのコンセプトはありますでしょうか?

子どもからお年寄りまで幅広い層に来ていただける、弱者に優しいクリニックにしたいと開業当初から思っていました。そのために、オールラウンドに診るよう心がけてきました。接遇教育も徹底し、スタッフには、すべての患者さんを気持ちよくお帰しするよう朝礼でも話をしています。一流歯科医師をめざす気持ちは開業後も変わりませんが、一流へのアプローチは変わってきました。最近は、世界水準にひけをとらないよう、ひたすら専門性を高めたいと思っています。そして、ほかの誰でもなく、院長の僕が良い治療ができるクリニックにしようと。そして、何より正しい治療がしたいです。”正しい”とは、効果が長持ちする永続性の高い治療という意味です。たとえば虫歯の治療の場合、歯を抜いたほうが患者さんの口腔内環境をより長く理想的に保てるならば抜歯をしますし、抜かないほうが長く理想的に保てるならば、そちらを選択します。

―田中院長の選択が患者さんにとっても正しい選択になるのでしょうか?

その点では、僕自身ずいぶん悩みました。でも、悩んでいた頃の自分を振り返ってみて思うんです。治療の選択肢をいくつも並べて患者さんに選んでもらうのは、相手に嫌われたくないとか、自分の選択に責任を持ちたくないといった医者の都合が入っているからだと。患者さんにとって、正しい選択というのは無限に存在します。でも、歯科医療において正しい選択というのは、ごく一握りなんです。それは、先人たちが取り組んできた過去数百年間の治療データをみても明らかです。よい歯科医師とは、その症例に対して複数の治療法を提示できて、なおかつ、それら複数の治療法のなかで、どれが正しい治療法かをきちんと患者さんに伝えられる人だと、今はそう信じています。

―患者さんとの印象深いエピソードはありますか?

歯科医師になって間もない勤務医時代、初めて入れ歯をつくり、その入れ歯の噛み合わせを治すという、当時の僕にとっては難しい治療に携わりました。その患者さんは、僕のどこを気に入ってくださったのか、一度も休まず定期検診にいらしてくださり、自分の家族も僕に診てほしいと言ってくださったんです。たとえ技術や経験は未熟でも、患者さんと信頼関係を築くことはできるのだと学ばせてもらった貴重な経験でした。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細