全国のドクター8,454人の想いを取材
クリニック・病院 161,465件の情報を掲載(2019年9月20日現在)

かみもと眼科

神本 英徳 院長

161556  %e3%81%8b%e3%81%bf%e3%82%82%e3%81%a8%e7%9c%bc%e7%a7%91

正確かつ的確な診断を心がける

―機器も新しいものが多いですね。

最近は、光眼軸長測定装置という、レーザー光を使って目の長さを測る機器を導入しました。この機器により、術後の目の屈折機能をより正確に予測できるようになりましたね。超音波白内障手術装置と眼科手術用顕微鏡がある手術室には、高性能なフィルターを搭載したクリーンエアコンを完備していますし、見える範囲を調べる視野検査については、動的視野検査と静的視野検査ができる2種類の機器を備えています。また、眼底の血管の状態を詳しく調べる蛍光眼底造影検査が可能な眼底カメラや、網膜の断層を確認できる光干渉断層計(OCT)も取り入れました。その他、各種レーザーも備え、必要に応じて質にこだわった治療を受けていただくことができるようになっています。新しい機器を使用するメリットは、より正確で的確な診断につながることです。すべてを最新にすることは難しいですが、できる限りこだわっていきたい部分です。

―お忙しいですが、休日はどのようにお過ごしですか。

テニスが好きなので、週に2回はコートに出かけています。テニススクール仲間やスタッフとテニスを楽しむことで、いい気分転換になっていますよ。仕事以外でスタッフとコミュニケーションを取ることのできる貴重な時間です。私は開業してから9年、1度も休んだことがありません。野菜中心の食生活を心がけているからでもありますが、やはりテニスのおかげだと思っています。この仕事は体が資本ですから、健康づくりにも役立っていますね。また旅行も好きで、家族と旅行に出かけてリフレッシュしています。お盆と正月ぐらいしか時間がないのが悩みですが。

―今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

患者さんがさらにメリットを感じられるような、質の高い医療を提供し続けていきたいと思っています。私が講習会などにできる限り出席し、最新の技術や医療を学ぶのはそのためです。患者さんに一つでも多く、選択肢を提示するのも医師の務めですから。今後も歩みを止めることなく、新しいチャレンジを続けていきたいですね。小児眼科に関してですが、お子さんが学校でする検診と眼科での視力検査は別物です。検診で異常があってもなくても、一度は眼科でチェックしてみたほうが良いでしょう。眼圧についても同じで、血圧のように自宅で気軽に測定できるものではありません。中途失明の原因である緑内障などの早期発見のためにも、定期的に眼科で検診することが大切だということです。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術/片目40万円~

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi before
Bunkyo before
Chiba before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細