求人情報ON
医療法人社団 栗林歯科医院

医療法人社団 栗林歯科医院

栗林研治理事長

医療トピックス

顎が鳴るなどの症状があれば受けてみよう
顎関節の3次元検査

医療法人社団 栗林歯科医院

自由診療

 main

口が開かない、音が鳴る、いつも同じ場所の詰め物が壊れる、顎の動きが左右違う……。こんな症状は顎関節の異常が原因かもしれない。もしそうならば、顎がどの方向にどのくらいずれているのかを具体的に知った上で、治療を受けることが重要だ。だが、目視できない上に、常に動いている顎の骨を精密に検査することは可能なのだろうか。顎の動きを3次元で計測し、コンピューターで解析し、治療に生かす栗林理事長を取材した。 (取材日2018年9月21日)

口腔内トラブルの原因は顎かも? 顎の治療は、3次元の精密検査による客観的な診断から

顎関節の検査はなぜ必要なのでしょうか?

11 ▲顎関節の異常が全身の不調を招くこともある 例えば「右下の銀歯が取れた」と来院した患者さんがいるとします。歯科医師が該当箇所を治療すれば、患者さんは満足するでしょう。でも、銀歯が取れた理由が噛み合わせや顎関節の異常であれば、全顎的に治していかないと、再び銀歯が外れるかもしれません。その原因を突き止めるために顎関節の検査が必要となるのです。顎の不調は、単に噛み合わせや見た目の問題だけではなく、日常生活にもさまざまな影響を与えます。そのため、顎をあるべき位置に戻す顎関節治療を行うことで、体の不調が改善されることもあるのです。その治療を行うためには、精密な検査・診断が欠かせません。

顎関節症のリスクと治療の必要性について詳しく教えてください。

22 ▲顎関節の動きを把握するため、専用の検査機器を導入 顎関節症は、噛み合わせの異常などによって顎がずれ、ずれて押された側の骨がすり減ったり、反対側の筋肉が引っ張られたりして起きるものです。放置していると、歯とその周辺の骨に痛みや違和感が出る可能性があります。また、口腔内だけでなく、肩こりや頭痛といった全身的な症状を引き起こす場合も少なくありません。顔の左右のバランスが崩れる原因にもなるかもしれません。健康面からも、見た目からも、顎を「あるべき位置」に戻すことはとても重要なのです。そのため、当院では専用の検査機器を用いて顎の動きを立体的に把握し、これまで熟練の歯科医師が割り出してきた「正しい位置」を、コンピューターで解析してから治療を行います。

検査の目的や使う機器について教えてください。

33 ▲患者の顎関節の状態は3次元で表現される 使用する顎機能運動測定器は、X軸、Y軸、Z軸の3軸の3次元でに顎の動きを把握するものです。そのため、左右でどのくらい違いがあるかを細かく確認していきます。測量では、機器を頭部に装着。顎を動かし測量が開始されると同時にデータが印記されます。検査時間は約40分間です。セファロレントゲンでは静止状態で横顔のデータを測量し、例えば「受け口の理由は上顎が大きいから」などの分析に活用します。通常のレントゲンも撮影しますが、これは顎関節の形やずれを確認するためです。咬合器は、歯型模型と組み合わせることで患者さんの顎をそのまま再現していきます。表の見た目も裏の噛み合わせも、患者さん自身が確認できるのです。

検査を受けたほうがいいのはどのような人でしょう?

44 ▲より正確な検査結果の算出に努める 痛い、口が開かない、詰め物がすぐに壊れるといった症状がはっきり出ている場合は、検査をお勧めします。症状が出ていて、それを本人が深刻だと感じていれば、治療にも進んだほうがいいでしょう。顎関節症の症状は、早ければ小学生くらいから生じます。このことは保護者の方にぜひ知っておいていただき、症状が出れば早めに受診してください。放置すると顎の骨が削れたり噛み合わせがさらに悪化したりしますが、子どもであれば、そうなる前にあるべき位置に戻せる可能性も高くなります。また高齢の方でも、顎関節症の検査はもちろん、治療も受けることができます。総入れ歯でも可能ですので、検査前の無料相談にお越しください。

検査の後、どのような治療が考えられますか?

55 ▲検査後は今後の治療方針について詳細な説明を受けられる 顎関節症の治療の目標は、日常生活を安心・安全に送ることができる「あるべき位置」に顎をもっていくことです。治療の方法としては、歯列矯正や補綴が代表的ですね。歯列矯正の期間は2〜3年が一般的でしょう。歯列矯正を望まない方にはセラミックなどのかぶせ物を使うこともあります。またインプラントや入れ歯で噛み合わせを整えることも可能です。

料金の目安

総費用 10万8000円

ドクターからのメッセージ

栗林研治理事長

顎は、横だけでなく前後、上下、斜めなど多方面に動きます。つまり、顎のずれを診断する際にも3次元で行わねばなりません。さらに、顎は常に動くものですから、止まっている場所だけで診断しては意味がありません。どの方向にずれながら動いていくのか、その軌跡を追っていく必要があります。当院では、こうした顎の動きを3次元で捉え、計測できるように専門の診断システムを導入して、正しい診断をめざしています。ヨーロッパではすでに有名な検査方法ですが、日本で導入している歯科医院はまだ多くないようです。この3次元での検査方法が広まり、国内の顎関節治療が浸透すればいいですね。少しでも顎に異常を感じている方はご相談ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細