ムサシノ歯科

ムサシノ歯科

山田 康 院長

15979 df 1 main 1439963004

「地域で1番信頼される歯科医院」をめざして――。患者とともに年齢を重ねたい

―30年以上歯科医師を続けてこられて、どんなところが変わったと思われますか?

やはり情報化社会ですから、患者さんもいろいろと調べて来院される方が多くなったように感じます。一番変わったのはCTでしょうね。インプラント治療や歯周病治療、根管治療も三次元画像で確認することによって、より精度の高い診療が提供できるようになりました。歯科技術や環境も変化してきましたが、私の歯科治療に対するスタンスは変わらず、今後も患者さんの歯を「診させていただく」という気持ちで診療に取り組んでいきたいと思います。

―医師をめざされたきっかけを教えてください。

本当は父の会社を継ぐつもりだったんです。上に兄が二人いて、会社経営はいつどうなるかわからないから、お前は別のことをやりなさいと、高校生のときに言われ、親戚に歯科医師の叔父がいたのと、たまたま友人が歯学部をめざすというのが重なり、じゃあ自分も、というのがきっかけです。高校生ですから、そんなに深く考えてはいなかったですよね。世田谷の自宅では妻が歯科医院を開業し、又、息子も歯科医師になって、今は大学で口腔外科を学んでいます。そしてその嫁もまた歯科医師です。いずれは息子がここを継ぐのかな、と思いますが、一緒にやるとなるとなんだか複雑な気分ですね(笑)。

―普段のリフレッシュ方法を教えてください。

休みの日といってもいろいろやることがありますからね。患者さんのカルテを見直し資料を整理したり、難症例を考察、吟味し又、インプラント等の治療の準備をします。リフレッシュといえば、大学時代に日本拳法のクラブに入っていたのですが、そのOBで集まるときはすぐに学生時代に戻れて、楽しい時間を送れますね。あとは月に数回のゴルフとジムでしょうか。ゴルフは自然のなかでのびのび身体を動かせるのがいいですよね。

―最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

「地域で1番信頼される歯科医院」であることを目標として続けてきましたが、メインテナンスで長年通ってくださっている方が多いというのはある意味信頼いただいている証なのかな、と思います。30年も前に入れた歯が、その後のメインテナンスをしっかりしていただき、長年おいしく食事していただいているのを見ると、歯科医師になってよかったな、と思いますよ。患者さんに喜んで頂けることが何よりの私の幸せですから。これからも誠心誠意、患者さんに信頼していただけるクリニックでありたいと思います。



Access