緒方医院

緒方医院

刑部優美 院長

頼れるドクター

99999

親子2代のドクターはこれからも地域のかかりつけ医

―こちらの写真は何でしょうか?

これは2012年にテレビで放送していた朝の連続ドラマの最中に撮っていただいたものです。番組の最後のワンコーナーですね。私の母も、そのドラマの主人公のように、この地域で長年診療していた女性医師の1人です。また、実は当院には2本の梅の木があるんですよ。私も、この梅の木たちとともに、この地域の皆さんにとっての存在に成長していきたいですね。

―医師であるお母さまとの忘れられない思い出を教えてください。

母は私が小学生の中学年ぐらいの頃から開業医として働き始めました。診療が終わっても医師会での勉強活動をしたり、休日でも急患でいらっしゃった方の診察をしたりと本当に忙しそうでした。私は少し仕事のほうにばかりのめりこんでいる感がありますので、家事と両立していた母を尊敬しています。私は開業する前に大学病院や総合病院で勤務していたのですが、当時は24時間の対応が必要なこともよくあり、くじけそうな時もありました。そんな時、母は「大丈夫よ、それくらい。あなたはおなかの中にいた時から救急車の音をずっと聞きながら育ってきたんだから」と私を励ましてくれました。この時の母の言葉は心強かったですね。

―最後に、読者の方にメッセージをお願いします。

この町は、昔ながらのご近所付き合いがいまだに息づく一方で、若いファミリー世代の活気もあふれる良い町だと思います。私はこの地域のかかりつけの医師として、日々進歩していく医療にアクティブに関わりながら、医師会などの地域に密着した活動にも力を入れていきたいです。健康に不安や疑問を抱えている方はたくさんいらっしゃると思います。自分のことでも、ご家族のことでも、相談したいと思ったときにすぐ側にいられる存在でありたいと思っていますので、気軽に来院してください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細