あおきクリニック

青木 茂院長

157882

これからも早期発見の大切さを訴える

―患者さんと接するときに心がけていることはありますか?

患者さんが何を知りたくて、何を伝えようとしているのかを対話の中で汲み取り、適切なアドバイスをし、品質の高い医療を提供することで患者さんの満足度を少しでも高いものとなるように努力しています。キーワードは「どうしたいですか?」という意思確認です。患者さんの中にはたとえ、がんが見つかったとしても、治療を希望しない人もいます。どうしても患者さんに迷いがある場合は、私からの提案として「もし私の家族が貴方の状態になったら、私なら手術を勧めます。」という例えを使ってご意見を伺います。患者さんは誰でも明確な意思を持っているわけではないので、医師として時には患者さんの意思決定の誘導といいますか、お手伝いが必要な場合もあります。

―今後の抱負やクリニックの展望についてお聞かせください。

消化器系の疾患の早期発見と早期治療が最重要事項です。検査を受ける大切さをできる限り患者さんに説いており、地域の人にも情報が行き届くと良いなと思います。また、患者さんが望んでいる広範囲の治療に対応できるよう、更に自分自身を高めていくことが必要です。患者さんと話していて思うのは、私に何でも診てほしいという希望を持っていることです。自分の信頼できる先生に、かかりつけ医として何でも相談したいのです。そのためには、漢方の処方など、治療対応できる範囲を増やしていく必要があると思います。患者さんの思いを感じれば感じるほど、もっと多くの治療に対応できるクリニックでありたいと思います。患者さんの期待に応えることができた瞬間は私自身もとてもうれしいですね。

―最後に読者へのメッセージをお願いします。

やはり内視鏡によるがん検診を積極的に受けてほしいです。先にも触れましたが、内視鏡による検査は怖いイメージがあるかもしれません。当院は麻酔を使わない内視鏡検査ですが、だからこそつらくないようなノウハウは積んでいます。経鼻の内視鏡もありますので、ぜひ受診を検討してほしいですね。また、調子が悪いけどどこにかかればいいのかわからない、という場合でも信頼できるところに紹介するなど対応しているので、困っていたら頼りにしてほしいですね。

記事更新日:2016/09/05


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細