全国のドクター9,523人の想いを取材
クリニック・病院 160,463件の情報を掲載(2022年10月08日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 福岡市早良区
  4. 藤崎駅
  5. くすのき歯科医院
  6. 歯のホワイトニング患者のニーズに応じた提案を実施

歯のホワイトニング
患者のニーズに応じた提案を実施

くすのき歯科医院

(福岡市早良区/藤崎駅)

最終更新日:2022/06/13

Main Main
  • 自由診療

歯のホワイトニングは、以前に比べると身近な方法となってきている。藤崎駅近くの「くすのき歯科医院」では、学生から社会人まで、幅広い層の患者がホワイトニングを受けているという。「定期通院しているうちに歯への関心が高まり、ホワイトニングをしたいと思うようになる方も多く見られますよ」と楠孝司院長は笑顔を見せる。同院ではクリニックで受けられるオフィスホワイトニングと、自宅で患者自身が行うホームホワイトニングのいずれにも対応。患者の生活スタイルやホワイトニングしたい歯の範囲などをヒアリングし、それぞれに合った方法を提案。日常生活で取り入れたい注意点などのアドバイスを行っている。自宅・クリニックで行うホワイトニングの違いや、ホワイトニングのメリットなどについて、楠院長に話を聞いた。

(取材日2022年3月29日)

身近になってきた歯のホワイトニング。結婚式や成人式、日常的な悩みなど、患者の要望や目的に応じて提案

Q最近はホワイトニングのニーズも高いと伺いました。
A
1

▲ホワイトニング自体を気軽に始める人が増えた

30代の女性を中心にホワイトニングを希望される方が多く、当院ではホワイトニングの機器も新しくしました。ホワイトニングを目的に来院されることもあれば、治療やメンテナンスで通院している間に興味を持たれることもありますよ。結婚式や成人式などのイベントがきっかけになる方も多く、男性、大学生も多く見られます。注意点は、ホワイトニングが可能なのは天然歯だけという点です。また虫歯や歯周病、歯肉炎がある方は、治療が優先です。ただし治療中でも「ホワイトニングをしてみたいです」という相談はもちろん可能ですので、気軽に私やスタッフにお声がけいただければと思います。

Qホワイトニングの種類について教えてください。
A
2

▲歯科衛生士が丁寧にカウンセリングを行う

クリニックで行うオフィスホワイトニング、ご自宅で就寝中に行うホームホワイトニングの2つがあります。後者はご自身で薬液を準備する手間がある一方で、施術後の状態を維持しやすい点や奥歯までホワイトニングができるなどのメリットもあります。ですので、オフィスホワイトニングは忙しい方やイベントまで時間がない方、前歯だけで良いという方向け、ホームホワイトニングは歯科に通う時間がない方や施術後の状態をできる限り維持したい方、奥歯までホワイトニングしたい方向けと考えると良いでしょう。オフィスホワイトニングは2回でワンセットになっています。

Q施術を受ける際の注意点はありますか?
A
3

▲患者が希望する白さのイメージを聞き、一緒にゴールを決めていく

知覚過敏の方は薬液が歯にしみやすいため、カウンセリングなどでしっかり確認をします。かぶせ物や神経の治療をしている歯は対象となりませんが、「セラミックを1本入れているから、その色に合わせたい」などのご相談も可能です。どこまで白くできるか、どのくらいの頻度で通えるかなどをヒアリングし、患者さんと一緒にゴールを決めていきます。できる限り施術後の状態を維持したいという意識が強い方であれば、オフィスホワイトニングが終わった後にホームホワイトニングをお勧めすることもあります。インターネットなどでも薬液は購入できますが、濃度が高すぎる商品もあるため、歯科でご相談の上ホワイトニングを行ってほしいと思います。

Qホワイトニングには定期通院が必要なのでしょうか?
A
4

▲ホームホワイトニングを行う際の濃度や容量、用法には要注意

維持したいと考えるのであれば定期的なホワイトニングか、ホームホワイトニングが必要だと言えます。いずれにせよ施術後の状態を維持させるためのアドバイスは行いますよ。例えばコーヒー、ワイン、紅茶、カレー、チョコレートなどの色が濃い食べ物や、色の濃い口紅はなるべくホワイトニング直後には避けていただくようお伝えしています。

Qオフィスホワイトニングは短期間で行えるのですね。
A
5

▲定期的なメンテナンスを行うことが大切

先ほどもお伝えしたようなオフィスホワイトニング・ホームホワイトニングそれぞれの特性を理解し、ご自分に合ったほうを選んでいただけるようアドバイスしていますので、不安なことなどがあれば遠慮なくご相談ください。ホワイトニングをすることで心理的なメリットは非常に大きいと考えています。施術後の状態を維持しようと考える方も多いようで、メンテナンスの継続につながっているようにも感じています。ホワイトニングをきっかけに定期メンテナンスで虫歯や歯周病の予防にもつなげていければと思います。また、ホワイトニングを担当するのは歯科衛生士なので、日々メンテナンスを担当するスタッフたちもとてもうれしく思っているようです。

ドクターからのメッセージ

楠 孝司院長

ホームホワイトニングなども以前に比べ浸透し、ホワイトニング自体を気軽に始める方も増えてきているようです。メンテナンスや歯石取りの延長線上にあると考えてもいいかもしれませんね。ただ、注意したいのは、ホームホワイトニングなどを行う際の“やりすぎ”です。濃度が濃すぎる・容量や用法を間違えると歯に悪影響を及ぼすこともありますので、心配な方にはやはりオフィスホワイトニングをお勧めします。いずれにせよ、皆さまの生活スタイルや目的に応じた方法を提案いたしますので、興味がある方はぜひ気軽にご相談くださいね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング/3万3000円、 デュアルホワイトニング(オフィスホワイトニング+ホームホワイトニング)/5万5000円

Access