千葉中央歯科

千葉中央歯科

高橋 洪太院長

156629

千葉中央駅、葭川公園駅から徒歩5分、大規模な複合施設なども隣接するエリアの一角に「千葉中央歯科」はある。外装・内装ともに白を基調としており、レースのような壁紙が印象的な待合室は、歯科医院というよりサロンのような雰囲気だ。患者に20~40代の女性が多いというのもうなずける。「床矯正やミラクルデンチャー、正しい口腔ケアなど、患者さんにとって良い情報を広めていきたいですね」と語る高橋洪太院長に、これまでの来歴や経験、今力を入れている分野などを中心に話してもらった。
(取材日2016年1月25日)

部分入れ歯・床矯正・ホワイトニングに注力

―大学卒業から開院までの経緯と、この地を選んだ理由をお聞かせください。

今までは開業医の先生のところで勤めていたのですが、子どもが生まれて、妻の実家を頼ることも増えるだろうと思い、千葉へ引っ越したのがきっかけになりました。ちょうどその時期にこのビルができて、義父の伝手で「このビルの中で開業してみないか」というお話をいただきました。新しい勤め先もまだ決まっていませんでしたし、年齢的にも、方向性を変えるなら今かな、というタイミングでしたので、思い切って開業することに。引っ越してから開業までの期間が割と短かったことや父の看病などがあってなかなか慌ただしいスタートでしたが、何とかここまでやってくることができました。

―来院される患者さんの年齢や性別、症状に傾向はありますか?

勤務していた頃は都内の医院が多かったのですが、ここで開業してみて、千葉の県民性のようなものを感じています。多少お住まいから遠くても、気に入っていただければずっと来てくださったり、ご家族など他の方をどんどん紹介してくださることが多いですね。全体的に温厚な方が多いなと思います。当院にいらしてくださる方は、ほとんど20~40代の女性です。ホワイトニングなどに力を入れているということを全面に出しているので、自然とそうなったのだと思います。当初はホワイトニングを扱っていなかったのですが、始めてから圧倒的に患者さんが増えました。

―先生が力を入れている分野をお聞かせください。

今は、部分入れ歯について学んでいるところです。従来のものより、ほとんど目立たない部分入れ歯が出てきまして、患者さんにとってもメリットが大きいものなので、これについてもっと詳しくなりたいと思っています。24時間装着可能で、違和感も少なく、今まで入れ歯に抵抗があった方にもお勧めしたいですね。ブリッジで両サイドの歯を削ったり、金属のバネによって周辺の歯に負担をかけることが少ないのも大きなメリットです。ケースバイケースで作れるので、なかなか一般論を述べるのが難しいのですが、ご興味があればお声がけください。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細