ハート歯科クリニック

内田 いく子院長

156179

大宮駅西口よりバスで4分、下車後3分ほど歩いた場所にある「ハート歯科クリニック」。ピンクの看板が目印の医院に入ると、彩り豊かなモビールなどが飾られ、子どもも大人も心癒やされる空間が広がる。受付・待合室・キッズスペース・カウンセリング室のあるフロアの隣に、ユニット6台が並ぶ診療室フロアがあり、口腔内カメラや位相差顕微鏡、徹底した滅菌のための機器が充実。スタッフ全員女性という医院は、院長の内田いく子先生を中心にスタッフ皆で優しい雰囲気づくりを心がけ、予防のために定期的に通う患者や小さな子どもの患者が多いというのも納得。「患者さんやスタッフをいつでも笑顔で迎えたい」という内田院長に、クリニックの診療や今度の展望について、さまざまな話を聞くことができた。
(取材日2017年6月29日)

優しい雰囲気づくりと徹底した滅菌環境へのこだわり

―クリニックの開院のいきさつについて教えてください。

開院は2004年8月です。私の実家は福島で、大学から埼玉に来ました。結婚して大宮に住むようになったので、開業時、自宅に近いこの場所を選びました。当時、子どもが5歳と1歳とまだ小さく、開業して自分のスタンスで仕事をしていきたいという思いがありました。最初はユニットが2台で、こちらの診療フロアのみからのスタートでしたが、徐々に患者さんもスタッフも増えていき、今は2つのフロアを使用しています。患者層としては0歳から90歳代のおじいちゃん・おばあちゃんまで、家族みんなで通っていただいている方も多いですね。この辺りの地域は古い街なので、人と人の横のつながりが強いです。誰かの紹介であるとか、どういうつながりであるかを頭に入れておいてスムーズにお話できるようにしています。

―院内がとても楽しく明るい雰囲気ですね。

ありがとうございます。院内の飾りつけはスタッフがみんなやってくれています。当院のスタッフは全員女性で、院内のクレドの中にも「女性だけの医院で、女性ならではの心使いをしよう」というのがあるんですよ。天井から吊るしているモビールなどの飾りは季節感あふれるものも多く、お子さんはもちろん、定期的に検診で通院される大人の方にも楽しんでいただいています。歯科医院には「怖い」というイメージを持たれている方も多いと思いますが、これからも優しい雰囲気づくりを心がけていきたいですね。

―医療機器や設備へのこだわりをお聞かせいただけますか?

特にこだわっているのは滅菌ですね。滅菌器は世界水準のものを使用し、お口に入るタービンなどの器械はすべて患者さんごとに交換しています。また、治療時の洗浄やうがい、院内の消毒などには強酸性水生成機を使用しています。あとは、患者さんの磨き残しをとって細菌の検査を行う位相差顕微鏡を導入し、歯周内科治療を行っています。歯周病菌の種類と数を把握することで歯周病に効く内服薬を選び、その患者さんに適した治療を進めていきます。

記事更新日:2017/07/21


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細