外山デンタルクリニック

外山デンタルクリニック

穂積 隆浩院長

155525

常に患者と同じ目線で話を聞くことを心がける

―歯科医師としてやりがいを感じるのは?

やはり感謝されたときが一番うれしいです。あと自分で行った治療が長く保つことですね。歯科医の特殊な部分は、自分が行った治療の結果がレントゲンや写真である程度わかるところだと思うのです。数年後、レントゲンで確認したとき、治療により悪くなっていた状態の歯が改善しているのが認められたり、患者さん自身がしっかり噛んでお食事ができていることを実感していただいたり。そのときの患者さんは初診の時とは違い、表情も明るくなり笑顔でお話されます。責任は重大ですが、患者さんと真剣に向き合っている分、その瞬間が何よりうれしいですね。

―患者さんとの印象深いエピソードは?

海外でお仕事をされている患者さんがいらっしゃるのですが、その方は帰国するたびにご来院いただいていて、いつも「次帰って来る時もまたよろしくお願いします」と言ってくださるんです。海外からも信頼してくださるのはうれしいですね。また、東京歯科大学市川総合病院歯科口腔外科で勤務していた時に、口腔がんの患者さんをよく担当させていただいたのですが、当時の私と同年代の若い患者さんもいらっしゃって、執刀医の先生に言えないような悩みを病室で聞くこともありました。このような経験から、「自分が患者さんだったら」と常に患者さんと同じ目線で話を聞き、患者さんの想いを理解した上で診療を行うことが大切だと感じました。

―今後の展望をお聞かせください。

歯科医療は日進月歩なので現在行っている診療のベースを保ちながら、新しい考え方・技術を取り入れ、歯科医師として常にレベルアップしたいと思っています。時間を作り勉強会や学会に出席してスキルアップを図っています。当院では歯科衛生士も勉強会に参加していますから、歯科医師と歯科衛生士の両方でスキルアップして患者さんに還元したいです。また、最近ではCAD/CAM冠作製システムを導入したので、その日のうちに質の良いセラミックのかぶせ物を作ることが可能になりました。見た目が美しく、機能面も優れていますので、ぜひご利用いただければと思います。

―最後に読者へのメッセージをお願いします。

将来的な健康を考えて、今は問題ないという方も定期検診に通っていただきたいですね。当院の定期検診はまず歯科衛生士とじっくりお話をしていただきます。時には雑談で盛り上がったり、悩み事を相談していただいたりと、衛生士の存在はクリニックと患者さんとのかけ橋になっています。そうした多岐に渡るコミュニケーションの中から、患者さんの生活の背景などにも配慮してアドバイスやクリーニングを行います。「痛みが出たら」ではなく、「痛みが出る前に」歯科に通う習慣をつけていただければ、早期発見・早期治療につながり、健康的な生活のお手伝いができますので、どんな些細なことでも一度ご相談ください。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access