たかはし内科

たかはし内科

高橋 正光院長

頼れるドクター

15414 %e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%af%e3%81%97%e5%86%85%e7%a7%91

医療機関同士の連携に注力し、幅広い医療ニーズに対応

―医師を志した理由を教えてください。

父が内科の医師なので、その後ろ姿を見て自然と医療の道を選んだというところでしょうか。両親からのプレッシャーのようなものは一切なく、高校2年生で進路を決める時、自分の意思で医学部受験を決めました。ちなみに私は3人兄弟なのですが、全員が医師になり、双子の片割れは父の病院で内科の医師を、弟は自身で心療内科を開業しています。

―毎日お忙しいかと思いますが、プライベートはどのようにお過ごしですか?

もともとクラシック音楽の鑑賞が好きなのですが、自分でもフルートの個人レッスンに通っています。1日30分以上練習してレッスンは週に1回受けていますが、少しずつ上達していくのは楽しいですね。それに、ボケ防止になっていいかな、とも思います(笑)。有名アニメ映画の曲など、誰もが親しみやすく聴いていて楽しい曲を演奏することが多いです。フルートを吹くには肺活量が必要ですが、毎日練習することで腹筋が鍛えられ、肺活量が増えてきたように思います。心肺機能がしっかりすることで、自分自身の呼吸器疾患の予防にもなっているかもしれません。

―今後の展望についてお聞かせください。

私は、病院と診療所の連携「病診連携」と、診療所同士の横の連携「診診連携」が大切だと考えています。自分のクリニックでは対応できない部分を早めに見極めてしかるべき医療機関につなぐことは、患者さんにとって一番良いことですよね。当院では、例えば心臓の陰に隠れた病変などに関してエックス線検査だけでは診断が難しい場合、CTがある近隣の医療機関を紹介して画像を撮影してきてもらい、当院で診断を行います。また患者さんがメンタル面での不調を抱えている場合は、軽度であれば薬を処方することもありますが、そうでなければ専門の医師をご紹介します。今後もこのような連携を積極的に行い、さまざまな患者さんのご要望に応えられる体制を整えていきたいです。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細