たかはし内科

たかはし内科

高橋 正光院長

頼れるドクター

15414 %e3%81%9f%e3%81%8b%e3%81%af%e3%81%97%e5%86%85%e7%a7%91

患者との対話を通し、病気の根本原因を突き止める

―喘息の治療にも力を入れていらっしゃると伺いました。

はい。喘息の診断技術は近年非常に進歩しており、当院でも呼気中の一酸化炭素濃度から喘息の診断ができる先進の「呼気NO測定装置」を導入しています。以前はアレルギー反応を示す物質を調べる血液検査、胸部の聴診、患者さんへの問診などを組み合わせて喘息かどうかを判断していたため、時間がかかる上に患者さんの負担も大きかったのですが、この機器では呼気を調べるだけで気道の炎症具合が数値化されるので、より迅速かつ正確な診断をめざせるようになりました。また症状の程度が数値で表されることで治療の進み具合が明確に目に見えるので、患者さんのモチベーション向上につながるというメリットもあります。途中で治療を断念してしまう方も減りましたね。

―機器による診断結果を上手に活用されているのですね。

そうですね。でも大切なのは、患者さんとのコミュニケーションです。もちろん機器による診断結果も治療の指標にしますが、病気の根本原因を的確に知るためには、患者さん自身がどんな体調の変化を感じているのか、普段どんな生活習慣の中で過ごしているのかといったことを把握するのも重要なんです。そのため患者さんとの会話にはしっかりと耳を傾け、治療へのヒントを見つけられるようにしています。また心音や呼吸音の聴診、手動の器具による血圧測定といった基本の診療も大切にしています。初心を忘れず、このような診察をきちんとすることが、「きちんと治療してもらっている」「受診してよかった」という、患者さんの安心感につながると考えています。

―診療において心がけていることはありますか?

長い間病院に勤務し呼吸器疾患の治療に携わったので、その経験を生かして、通常なら入院が必要な肺炎や喘息の治療も外来で対応するということですね。実際に開業以来、可能な限り外来での点滴治療で対応してきました。肺炎患者さんには高齢の方も多いのですが、入院を機に足腰の筋力が弱まり、寝たきりになってしまうケースが少なくないんです。それに、育児中の方や会社にお勤めの方など「できれば入院は避けたい」という人は多いですからね。また、先ほどの喘息の話にもつながるのですが、診療では対症的ではなく、根本原因にアプローチする治療を行っています。例えばCOPDの治療。この疾患は肺の生活習慣病ともいわれているので、糖尿病や高血圧症と同じく、薬で症状を緩和するだけでなく喫煙など原因となる生活習慣の改善が大切です。禁煙や運動療法により肺の機能を高めることで、酸素吸入が必要になるような状態への進行を食い止めることができます。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細