梶山内科クリニック

梶山内科クリニック

梶山 和恵院長

153151

今のまま、これからもずっと全力で尽くしていきたい

―デイサービスもされているのですか?

クリニックの近くにある施設で、機能訓練型のデイサービスをしています。リハビリに近い形で、歩行訓練やマシーン運動、ストレッチ、複式呼吸練習のための発声運動などを指導しているのです。私がメニューを考え、専門の介護士や機能訓練士によるデイサービスをお受けいただけるのですよ。歩行訓練は転倒防止にもなり、高齢者の方にお勧めしています。また、歩行訓練でしっかり動けるようになったら、関節を柔らかくするストレッチを続けることで、日常生活で生じる痛みなども改善されていきます。また、関節痛や筋肉痛、神経痛、肩こりなどの痛みがある方には、鎮痛剤を使用せずにレーザーで治療する疼痛治療を行っています。これは非常に効果も高く、デイサービスに通いながらクリニックでレーザー治療を続ける方も多くいらっしゃるのです。

―なぜデイサービスをはじめられたのですか?

母がリウマチだったこともあり、昔からあちこちと病院に付き添っていました。その中で、リハビリに力を入れている病院を訪ねたことがあるのですが、驚くほどその効果を実感して。リハビリのすごさを知ったのです。他にも、母の治療を通してたくさんのことを学びましたね。患者という立場で多くの先生の診療を受けている中で、こんな接し方や感が型をしてくれるとうれしいな、通いやすいなという接遇面もそうですし、レーザー治療が効果的であることもそう。母が車いすで苦労していたことも知っていたので、クリニックはバリアフリー設計に。介護士さんやヘルパーさんとの連携なども、この時に勉強させていただきました。今考えてみると、私の開業医としての礎が築かれた期間だったのかもしれませんね。

―今後はどんなクリニックをめざしていますか?

今していることを、これからも全力で続けていきたいですね。患者さんの高齢化に伴って、私も年を重ねていきます。しかし当院には、看取りをしてほしいと転院してこられた患者さんが多くいらっしゃいます。せめて、その患者さんたちのご要望は叶えられるよう、私自身の体調管理もしっかりしていかなくてはと考えています。私の医師人生の最後の日まで、全力で患者さんのために尽くせる医師でありたいと思っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細