ワカスギ歯科クリニック

ワカスギ歯科クリニック

若杉 敦朗院長

151068

長期予後につながる治療・メンテナンスに力を注ぐ

―先生がめざす歯科診療のあり方についてお聞かせください。

近年、歯科医師の間でよく耳にする言葉にロンジェビティー(longevity)というものがあります。歯科においては「長期予後」、つまり天然の歯をいかに長く残すか、治療した歯を再発させることなくどれだけ長持ちさせるか、という課題を表す言葉として使われています。私が今までの診療経験やさまざまな勉強会で学んできたことを通して、最も大切だと感じるのは、まさにロンジェビティーの追求にほかなりません。その実現には、歯科医師が高い技術で治療に当たるだけでは不十分で、患者さんにも歯のこと、治療のことについて深くご理解いただくことが必要になってきます。そのため患者さんへの説明やコミュニケーションは大切にしていますね。おかげさまで、最近は治療後に定期メンテナンスへ移行することを希望される患者さんが目に見えて増えてきました。今後も患者さんのご希望を伺いながら、予防重視の診療に努めていきたいと思います。

―患者とのコミュニケーションにおいて特に気をつけていることは?

口腔内の状態や治療の選択肢について、言葉でしっかりと説明するのはもちろんですが、写真やCT画像などを使って目に見える形でお伝えすることを大切にしています。患者さんの視点に立って考えれば、自分の歯が今どんな状態なのか、合わせ鏡でなんとなくわかる程度に見るのではなく、歯科ユニットに設置したモニターの鮮明な画像と合わせて説明を受けるほうが、治療に対する納得の度合いが格段に強まると思うためです。普段から口の中に関心を持ち、日頃のメンテナンスに前向きに取り組んでいただくためにも、画像やムービーなどビジュアル素材は有効だと感じています。また、治療前・治療後に必ず同じ個所を写真に収め、それを比較してお見せすることで、治療の成果を実感していただくことも大事にしていますね。

―スタッフにはどんなことを期待していますか?

経験豊富なスタッフが多いですから、患者さんへの対応やメンテナンスの仕事ぶりについては信頼を置いています。医院としても成長は止めたくないと思っており、全員で身に付けたいこと、例えば、滅菌に対する意識付けや新しい装置の使い方といったテーマが出てきた場合には、メーカーの方を招いて勉強会を行うこともあります。また、近くのクリニックを全員で見学に行って、先生やスタッフの方たちにお話を伺い、意識を高める場をつくったりもしています。いずれにせよ、私から一方的にこうしなさいと強制するのではなく、自分たちで向上心を持ってやっていってくれるのが一番だと思っています。それがゆくゆくは患者さんの満足度にもつながっていきますからね。

記事更新日:2017/08/25


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細