東葛デンタルオフィス

東葛デンタルオフィス

大塚 均院長

150931 %e6%9d%b1%e8%91%9b%e3%83%86%e3%82%99%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%a3%e3%82%b9

松戸駅西口から徒歩1分にある「東葛デンタルオフィス」は、患者が「どういった人生を送りたいのか」までを意識した、口腔全体の治療計画を立てる歯科医院。専門分野が異なる3つの歯科医院と提携し、専門医制度が確立されているアメリカのような歯科医療を患者に提供できるよう取り組んでいる。院内はシックで落ち着いた雰囲気で大塚均院長の柔和な人柄と相まって、歯科治療への緊張感をほぐしてくれる。日本歯科放射線学会歯科放射線専門医でもある大塚院長は、不正咬合や義歯治療、歯周病といった口腔内の問題を根本的に解決することをめざす。そんな大塚院長に口腔がん検診や生活の質を意識した歯科治療などさまざまな話を聞いた。
(取材日2017年12月22日)

健康を維持するための検診・治療

―口腔がん検診を推奨されていますね。

検診の話の前にまず口腔がんになぜなるのか、についてお話しさせてください。一般的にがんはウィルスや正常な細胞が傷つくことによって発生するとされています。一方で人間の身体というのは自己修復する機能を持ちます。その自己修復の際にボタンの掛け違いのようなことが起こりがん化してしまうわけです。ですから自己修復の機会が多いほどリスクは高くなるとされています。歯科的には口腔内の慢性的な刺激、つまり虫歯や歯周病はもちろん、不適合な噛み合わせや合わない義歯も原因になり得ます。プラスして不規則な生活時間、喫煙、飲酒などの生活習慣が加わりさらにリスクが高くなります。ですから生活習慣を見直すこと、口腔内をより良い状態にして歯科治療の機会を少なくするというのは重要な意味を持ってくると考えます。そして治療の際には国際的に標準化された手順で治療をすることも大切なことだと思っています。

―先生の考える良い歯科治療とはどんなものですか?

多くの方は歯科治療というと虫歯や歯周病の短期的な治療を想像されます。しかし本来はそれでは不十分でしょう。目新しい治療方法は患者さんにとっても気分の良いものでしょうが、新しいから良いというものではなくて、いかに正しい状態のお口にするかというのが重要だと考えています。例えば歯周病治療なら、汚れを徹底的に取る清掃と歯磨き指導といった極めてオーソドックスな方法が大切です。そしてお口の中が健康になったら次はそのお口の状態を維持することや、禁煙や規則正しい生活といった生活改善も必要になってきます。自分自身の健康や生活に対する意識が変わると、自然と物事に対する意識も変わってくることもあります。すると仕事にかける情熱も変化したり、収入も変わったり、人生そのものに良い影響を及ぼすことにつながる場合もあります。実際当院の患者さんでそのように良い変化を遂げられた方もいらっしゃるんですよ。

―歯科検診・口腔がん検診の大切さを教えてください。

近年、お口の中の状態と全身の健康の因果関係が話題になるようになりました。お口の中は細菌の温床。そのお口の中の細菌が血管を通り全身に運ばれますから、お口の中を清潔にしておくことがいかに大切かというのがおわかりいただけると思います。まさに健康の入口ですね。だからこそ歯科検診、口腔がん検診が大切。病気のリスクを減らすために人間ドックに行く方も多いでしょう。お口の中も同様に徹底した検診が大切です。病気の予防や早期発見・治療したほうが医療費は結果的に安く済むというのは、今や皆さんご存知だと思います。お口の中の状態を正しくするのも早いほうが結果的に医療費を抑えられると考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細