全国のドクター8,567人の想いを取材
クリニック・病院 161,527件の情報を掲載(2019年11月12日現在)

馬場内科・循環器科

馬場内科・循環器科

馬場 雄治 院長

149464 %e9%a6%ac%e5%a0%b4%e5%86%85%e7%a7%91 %e5%be%aa%e7%92%b0%e5%99%a8%e7%a7%91

入院に至らないように病状をコントロールする

―近年は糖尿病が「国民病」ともいわれているとか。

糖尿病の治療には、最近、新しい良い薬が使えるようになりました。これまでの薬とは仕組み自体が違い、摂取した糖が腎臓で再吸収されるのをブロックして、尿糖にして排出します。摂取カロリーの2割程度の排出が見込め、とりわけ肥満を伴っている人に適しています。降圧作用や尿酸値を下げる作用も期待できるので、当院では早くから取り入れて積極的に使っています。一方、食事療法の際は理想的な食事の写真などわかりやすい資料を使い、「三食きちんと食べる」など、わかりやすい言葉で説明するようにしています。運動指導についても、時間が許す限り私が一緒にストレッチをしたり、実際に歩いてもらってウォーキングのフォームについてアドバイスしたりしています。

―循環器疾患についてはいかがですか。

治療が難しいのは慢性の心不全です。診療の期間が開くと、悪化して入院が必要になることが多いからです。そういう患者さんの場合は、症状を可能な限り当院でコントロールして、入院の必要が生じないようにします。症状が不安定になると毎週診療することもありますが、大きな病院をそんな頻度で受診するのはかなり大変ですからね。また、循環器疾患に限定したことではありませんが、容態の変化などが不安な方のために、検査や薬の資料などをファイリングできる「健康管理ファイル」を作成しています。症状が急変した場合もこれを救急隊員や医師に示せば、速やかに適切な治療が受けられます。

―先生のリフレッシュ法を教えてください。

クラシック音楽が好きで、院長室にもオーディオシステムを置いています。また、本も好きで、ありとあらゆるジャンルを読みます。飲んだり食べたりするのも好きなのですが、立場上、体重チェックは欠かしませんし、血液検査の数値を見ながら楽しんでいます(笑)。

―読者にメッセージをお願いします。

自分がかかりたいクリニック、家族を受診させたいクリニックを目標に診療してきました。開業12年を経ておよそめざすクリニックに近づけたと自負しています。できるだけ幅広いご相談に応えられるようにしていますので、気になる症状や不調があるときは遠慮なくご相談ください。当日でも電話予約が可能ですので、なるべく予約いただいたほうがゆっくりお話を伺えると思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細