反町耳鼻咽喉科

反町耳鼻咽喉科

米本 友明院長

14860 df 2 main 1452848284

ご高齢者や耳の遠い人に心強い、難聴と補聴器のエキスパート

―先生は、難聴と補聴器の研究をされていたそうですね。

そうです。大学時代は難聴と補聴器の研究をしていました。難聴に悩むご高齢者の方にも、ぜひ気軽にご相談に来ていただきたいですね。聴覚を補助する補聴器は、視力を補助する眼鏡と似ている部分があると思います。しかし眼鏡は抵抗なく受け入れる人が多いのに、補聴器はまだまだ抵抗があると感じる人もおられるようです。最近はご高齢になっても元気にお仕事されている方が増えていますが、耳が遠くなったと感じたなら無理せず早めに補聴器をお使いになる方が、より活動的に社会参加できると思います。現在の補聴器は一昔前の物に比べて性能はとても良く、小型化していて、着けても日常生活で目立たなくなっています。デジタル回路の進歩によって昔は合わせにくかった音も調整できるようになり、以前に比べてとても聴きやすくなっています。難聴といっても、その本人以外に周囲の方が「最近聞き間違い、聞き返しが多いな」「テレビの音量が大きくなったな」と感じられて受診を勧める例も多いですね。一言に難聴といっても人それぞれ症状は違いますし、聴き取れる音・聞き取れない音の違いもあります。補聴器をお考えの際は必ず、一度耳鼻科を受診し、本当に補聴器が必要な状態なのかを診察して判断してもらってください。

―花粉症でお悩みの方も多いでしょうね。

以前と比べて、症状が本格化する前に耳鼻咽喉科にいって薬をもらう、というのが一般的になってきました。一般的に2月の上旬から花粉が飛び始めますので2月から服用されるのがいいですね。専門である耳鼻咽喉科ですと飲み薬以外に点鼻薬や目薬など処方する薬の選択肢が多いです。また、蓄膿症など他の病気が隠れていることがありますので、その意味でもお力になれます。風邪をひいた際にも、耳鼻咽喉科ですと専用の機器を用いて鼻、のどを直接調べたり、吸引やネブライザーなどの処置で治療することができます。

記事更新日:2016/02/03


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細