三井歯科医院

三井歯科医院

萩原寛司院長

医療トピックス

装着時間が従来よりも短い
マウスピース型装置を用いた矯正

三井歯科医院

自由診療

Main

歯並びを正す矯正治療には、ワイヤーを使う方法とマウスピース型装置を使う方法がある。埼玉県上尾市の「三井歯科医院」が新たに採用したマウスピース型装置を用いた矯正は、一般的なそれとは特徴が異なるという。どんなメリットがあるのだろうか?  同院の萩原寛司(はぎわら・ひろし)院長と、この方法を開発した「でん歯科」(福岡県久留米市)の石田一生(いしだ・かずう)先生に聞いた。(取材日2016年11月13日)

一般的には1日あたり17~20時間の装着時間が必要だが、その半分の時間で歯を動かすことができる

矯正治療にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

1 ▲左:石田一生先生、右:萩原寛司院長 【萩原院長】まずは口元の見映えが良くなることが挙げられます。人は第一印象がとても大切で、それが就職や恋愛など人生の折々に影響することもあります。見映えが良くなることで「自信ができた」と言われる患者さんも多いです。 【石田先生】噛み合わせが良くなって食事がしやすくなるほか、歯磨きもしやすくなるので虫歯や歯周病の予防効果も高くなります。歯を失わずに済むと、噛むことで脳に刺激を与えやすくなるので認知症の発症を防ぐ効果も見込めます。歯が前に出ていたり、すきっ歯だったりすると歯の間から空気が漏れて発音が悪くなるため、矯正治療を行うことで発音が良くなることもあります。

石田先生が開発したマウスピース矯正について教えてください。

2 ▲わかりやすくマウスピース矯正について語る石田先生 【石田先生】1999年から実施している治療方法で、現在、全国で約140の歯科医院で採用されています。この矯正は、取り外しができる透明なマウスピース型装置をはめて歯を動かしていくもので、一般的に1日当たり17~20時間は装着する必要があります。しかし、私は歯が動く仕組みを研究し、最低7時間、力を加えれば良いことに気付きました。ですから、私の方法では1日当たり8~10時間の装着で済み、患者さんの負担が減ります。夜寝ている間に着けていれば、日中の時間は外していても良いのです。一般的なマウスピース型装置と同様に透明で目立ちにくく、取り外せるので食事や歯磨きがしやすいといったメリットもあります。

何歳頃から始められて、治療はいつ頃終わるのでしょうか?

3 ▲一緒に治療していくスタンスを大切にと萩原先生 【萩原院長】治療の開始は基本的には永久歯がある程度生えそろってからで、10歳前後が目安です。通院間隔は2週間に1度で、その都度、新しいマウスピース型装置に替えます。まめに歯科医院に通う必要はありますが、その分、微調整が効きやすく、また診療時に歯のチェックも行いますので、虫歯や歯周病の予防を同時に行うことができます。治療期間は年齢や歯並びの状態によって異なりますが、通常は1~3年ほどとみておけばいいでしょう。石田先生の方法で治療を受けている患者さんの平均年齢は32歳で、子どものほかに社会人やお年寄りの方も利用しています。

矯正中と矯正後のメンテナンスについて教えてください。

4 ▲石田先生と萩原院長の二人三脚で治療を進めていく 【萩原院長】2週間に1度の来院時に歯をチェックして、必要があれば随時、歯垢や歯石を取り除きます。マウスピース型装置は取り外せるので、矯正中に虫歯になった場合も治療できます。 【石田先生】矯正治療が終わった後は後戻りを防ぐためにリテーナーと呼ばれる装置を着けてもらいます。この期間はおよそ半年から1年ほどですが、装置を着けることで上下の奥歯を合わせる噛みしめがなくなって寝やすくなったり、肩こりが治ったりする人もいますので、違和感がなければ長期に渡って装着していても問題ありません。リテーナーを着けている期間は3ヵ月から半年に1度、歯科医院で経過観察を行います。

矯正治療を迷っている人にアドバイスをお願いします。

5 ▲気になることがあればなんでも相談してほしい 【萩原院長】迷う理由によりますが、ワイヤーをした際の見映えが気になるようであればマウスピース型装置を用いた矯正はお勧めできます。当院では矯正治療のメリットとデメリットを十分にご説明し、金額的にも納得いただいた上で治療を始めます。 【石田先生】私の方法では基本的に抜歯をして歯が並ぶスペースを確保した上でマウスピース型装置を装着してもらいますが、場合によっては歯を抜かずに並べられることもあります。歯を抜かないといけないケース、そうでないケースがありますので、それぞれをしっかりと見極めることも大切です。

料金の目安

100万〜120万 ※歯列状態によります。

ドクターからのメッセージ萩原寛司院長、石田一生先生

当院は2001年の開院当初から矯正治療を行っており、治療を受けた患者さんの多くは口元が美しくなったことを喜んでいます。そうした中でさらに治療の幅を広げたいと、石田先生のマウスピース型装置を導入しました。矯正治療は長期に及ぶことが多く、就職や転勤などで引っ越すと転居先の歯科医院に新たに相談しないといけないことがネックでした。しかし、こちらの矯正を行っている歯科医院は全国各地にあるため、引っ越し先で引き継ぐことができますから、患者さんも安心できるのではないでしょうか。矯正治療は安くはありませんから、不明点をしっかり解消して納得して始めることが大切です。当院もできる限り丁寧にご説明します。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Book banner s
Book banner m
Book banner ss
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細