全国のドクター9,008人の想いを取材
クリニック・病院 161,455件の情報を掲載(2020年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市緑区
  4. 徳重駅
  5. みずほ歯科クリニック
  6. 専用個室でゆったり治療専属歯科衛生士によるホワイトニング

専用個室でゆったり治療
専属歯科衛生士によるホワイトニング

みずほ歯科クリニック

(名古屋市緑区/徳重駅)

最終更新日:2018/05/10

Main Main
  • 自由診療

誰もが憧れる、きれいな口元に白い歯がそろう笑顔。緑区の「みずほ歯科クリニック」では、口腔ケアとホワイトニング、クリーニングを行うデンタルエステ専用の外来を設け、リラックスして治療を受けられる個室も用意している。アロマが焚かれ、ほとんどの人が寝てしまうという心地よさだ。20~40代の女性が多いが、中には70代の人も。「今は皆さん、年齢に関係なく意識が高いですよ」と語るのは、特別な研修を受けた女性歯科衛生士。奥村竜也院長の「信頼している歯科衛生士がより活躍できる場をつくりたい」との思いから、この体制が実現した。常に勉強を欠かさず、口内の基本的なチェックから仕上げまでを担当する歯科衛生士に、ホワイトニング治療にかける思い、そして具体的な治療の流れを聞いた。(取材日2016年11月16日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q日々大切にしていることはどんなことでしょうか?
A

【歯科衛生士】お客さまの不安や緊張をほぐすことがまず大切と考え、コミュニケーションをしっかりとるようにしています。「今日はどちらから来られましたか?」などたわいのない会話で、お客さまのことをもっと知りたいという姿勢でいると、自然に雰囲気が和んでくるんです。その中で、なぜホワイトニングを受けようと思われたのか、どんなことに一番困っていらっしゃるのかもお聞きしていきます。同時に、予約が多く入っている日でも時間内にスムーズに終わらせることが大事です。もし10分延長したら、次の次の方は20分遅れてしまいます。時間を見ながら、どんなときも的確に落ち着いて施術することを心がけています。

Qやりがいを感じられるのは、どんなときでしょうか。
A

【歯科衛生士】やはり施術が終わって鏡を見られたお客さまが笑顔で「やってよかった」とおっしゃると本当にうれしいです。コースを選ばれて通院くださる方も「自信を持って笑えるようになった」「周りの人に、歯の色が明るくなったと気づいてもらえた」など言ってくださいます。1回限りの満足ではなく、いついらしても笑顔で帰っていただきたいと思っています。数ある歯科医院から当院を選んでいただいた方に「ここに来てよかった」と思っていただけるよう、日々100%真剣に、心をこめてお客さまと向き合っています。

Qホワイトニングの専門機関で研修も受けられたそうですね。
A

【歯科衛生士】ホワイトニング専門の外来を始める前にしっかり研修を受けてきました。クリーニングやホワイトニングの技術も大切なのですが、それ以前に重要なのは施術者としての考え方です。どうしたらお客さまに喜んでいただけるか、まずは自分よりも患者さんのためを考えて、患者さんの喜びが自分自身の喜びになるような心の在り方を学びました。またお客さまのお出迎えの仕方から電話の応対、言葉づかい、声のトーン、表情、身だしなみまで、さまざまな所作を具体的に勉強しました。人としても非常に成長できる機会だったと思います。現在もスキルアップのため、年3回ほどの研修に参加しています。

検診・治療START!ステップで紹介します

1まずは丁寧なカウンセリングから。現状の歯の色を確認

アロマの香る個室へ案内され、歯科衛生士としての目線で、虫歯や噛み合わせをチェック。問診票をもとに40分ほどかけてカウンセリングを行う中で、「なぜ歯が黄ばむのか」「ホワイトニングとは」などについて説明。色見本で、現状の自分の歯の色を確認する。要望や予算と照らし合わせ、メニューを決定。初めての人やお試しの人向けのマイルドホワイトニングもある。オプションでホワイトニングをする歯の本数を増やすことも可能。

2ホワイトニング前にしっかり歯のクリーニング

自宅でのホワイトニングも合わせて行うコースでは、一人ひとりに合わせたマウスピースを作製するための型取りを行い、約1週間後に渡される。健康な歯と歯茎があってこそのホワイトニングであるため、先にきちんとクリーニングをする。バキュームで歯の汚れを除去していく。専用の細かい粒子の塩を含む水を、歯を傷つけずに高圧で吹き付けるオプションのジェットクリーニングという手法もある。

3リラックスしたままジェルを塗布、ライトを照射

顔をタオルで覆い、口元を広げる器具を装着。パウダー状の薬剤をパレット上で過酸化水素水と混ぜて練和し、毛先の細い筆で歯の上下12本に塗っていく。その後ホワイトニング専用の光を5分間照射。くちびるの乾燥を防ぐため専用のリップクリームを事前に塗る。唾液がたまっていないか、痛みがないかを歯科衛生士が随時確認し、拭き取り後、2回目のジェルを塗布してまた5分の照射を行う。

4薬剤を拭き取り、色持ちを良くする仕上げ磨き

薬剤を残さないよう全体を丁寧に拭き取り、洗浄、うがいをして終了。最後にオプションの仕上げ磨きを希望する患者が大半なのだそう。ナノアパタイトコートというナノ粒子が含まれたペーストで磨くので、歯の細かい傷を修復して汚れを付きにくくすると同時に、色持ちを良くし、つやも出す。「仕上げ磨きをするとしないとでは、かなり違いが出ます」とのこと。

5歯の明るさアップ! メンテナンスも大切

マイルドホワイトニングでは2~3段階、スタンダードホワイトニングでは約5段階明るさがアップ。3~6ヵ月で徐々に色戻りがあるので、定期的なメンテナンスは必須だ。自宅で行う「ホームホワイトニング」、医院と自宅の両方で行う「デュアルホワイトニング」のコースもある。自宅ではマウスピースを使用するので、歯の内側も白く明るくできる。1日最低30分から2時間装着。透明で薄いので、他人が見ても分かりにくい。

ドクターからのメッセージ

奥村 竜也院長

今は費用も安く自分でホワイトニングをする手段もありますが、知識のないまま、ホワイトニングはこんなものかというマイナスなイメージを持たれることが心配です。自分でやって後悔し、ここに来られる方も結構いらっしゃるのです。やはりプロのカウンセリングを受けたほうが解決も早く、安心です。歯科衛生士というと、歯科医師の補助や歯石除去、歯磨き指導のイメージが強いのですが、私は、専門職として自分で判断してお客さまの悩みに答え、改善に導く仕事をしてほしいと思っており、デンタルエステ専用室では問題があるとき以外はすべて任せています。彼女たちは接遇にも一生懸命ですので、クリニック全体の雰囲気も良くなっていますね。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

マイルドホワイト二ング/上下12本1度塗り 8000円(税抜)、スタンダードホワイト二ング/上下12本2度塗り(ジェットクリー二ングとナノアパタイト仕上げ磨きは別オプション)1万5000円(税抜)、その他「ホームホワイトニング」、医院と自宅でダブルサポートの「デュアルホワイトニング」などのコース有。

Access