全国のドクター9,191人の想いを取材
クリニック・病院 160,564件の情報を掲載(2023年2月09日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 新羽駅
  5. あらや歯科医院
  6. 相談から術後メンテナンスまで患者に寄り添うインプラント手術

相談から術後メンテナンスまで
患者に寄り添うインプラント手術

あらや歯科医院

(横浜市港北区/新羽駅)

最終更新日:2023/01/12

Main Main
  • 自由診療

「何歳になっても、おいしく食事をしたい」と思っている人は多いのではないだろうか。食を楽しむためにはしっかり噛める歯が必要だ。歯を失ってしまったとき、歯を補う方法として、インプラントを選択肢として考える人も増えつつある。「インプラントは、メンテナンスをしっかり行えば長期の使用が見込めます。また、自分の歯と同じような感覚で噛むことが期待できる点もメリットです」と話す「あらや歯科医院」の荒谷和弘院長は、インプラント手術に携わって30年になり、数多くのインプラント埋入を行ってきた実績を持つ。インプラント手術に対して疑問や不安を持つ人たちが、安心し納得して治療を受けることができるきっかけになるように、インプラント手術のメリットや注意点、メンテナンスの方法、実際の手術の流れなどたっぷり聞いた。

(取材日2022年12月19日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラントとはどのようなものですか?
A

簡単に言えば、歯を失った場所にチタンのねじを埋め込み、その上に人工歯を取りつけるものです。私が学生の頃は、例えば6歳臼歯を失ってしまった場合の主な選択肢はブリッジでしたが、現在はインプラントになりつつあります。なぜなら、インプラントであれば入れ歯のように食事の度に取り外して洗う必要もありませんし、ブリッジのように両側の歯で支えるために健康な歯を削る必要もないからです。ブリッジを10年使い続けることは難しいですが、インプラントはメンテナンスをしっかり行えば10年以上の耐久性が見込めるといわれています。また、自分の歯と同じような感覚でしっかり噛むことが期待できる点もインプラントの優れたところです。

Qインプラント手術に対して不安に思う方もいるようです。
A

手術と聞くと「怖い」とか「痛い」と心配される方も多いですが、一度にたくさんのインプラントを入れる場合を除けば、次の日まで痛みが続くようなことはほとんどありません。一般的な方法として、歯肉を切開し、インプラントを入れ、歯肉を縫合しますが、10分から15分くらいで終了し、皆さんが思っているより短時間の手術です。ただ、骨の量が少ない方の場合、骨を足してからインプラントを入れる必要があるので、その場合は40分くらいかかるでしょう。当院では部分麻酔で行いますが、恐怖心が強い方は笑気麻酔をプラスして行います。どうしても静脈内鎮静法で行う必要がある場合は、大学病院などで行う場合もあります。

Q術後のメンテナンスについて教えてください。
A

当院では、3ヵ月ごとにメンテナンスを実施しています。インプラントだけではなく、他の歯のメンテナンスも含めてお口の中を整えることが大事なので、そのためには3ヵ月に1度検診を受けてもらえると良いですね。インプラントが駄目になってしまう主な原因は、インプラントの周りが炎症を起こし、歯槽膿漏と同じような状態になってしまうインプラント周囲炎です。ですが、しっかりメンテナンスをすれば、10年以上使うことも期待できます。家庭でのお手入れは、特別なことは必要なく、いつものように歯磨きをしてもらえばよいですが、インプラントに不向きな歯磨き粉もあるので歯科医師と相談してください。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診と診察、治療の説明

事前にメリットだけでなく、手術の危険性などデメリットについてもしっかり説明を受ける。また、透析やリウマチを患っている人は手術適応外の場合があったり、ヘビースモーカーはインプラントが定着しにくいことなど、患者の生活習慣や健康状態からインプラント手術が適しているか精査。インプラントは長く使うものだからこそ、同院では患者とのコミュニケーションをしっかりとり、信頼関係を築いてから手術を行っているという。

2歯周病や虫歯治療など事前準備

インプラント手術を行う前に、インプラントに適するような口腔内環境に整えることが必要。歯周病がある場合はその治療を行い、口腔内細菌を減らすようにする。虫歯がある場合も、まずは応急処置を含め治療を行い、口腔内環境がインプラント手術に適したものにする必要がある。また骨が少ない患者の場合は事前に人工骨を入れるが、その際は骨が定着するまで4ヵ月ほどかかる。

3検査や型採りをし、口腔内の状態をチェック

口の状態を知るために、さまざまな検査を行う。特に噛み合わせの状態を把握するために上下の歯の型採りをする。その後、口腔内CTを撮り、画像を解析しシミュレーションを行い、口腔内の状態を細かく診査。インプラントを一度に数本入れるような場合には、サージカルガイドといったインプラントを埋め込む位置を精密にガイドしてくれる物を作製して行う場合もある。

4インプラント埋入手術

同院では丁寧なカウンセリングを心がけているため、相談から手術まで基本1、2ヵ月の時間をかけている。土台となるインプラントを埋める手術は、歯肉を切開する方法と、切開せず歯肉の縫合などを行わないフラップレス方式があるが、CTの検査結果や患者の状態を診ながら決定される。土台を埋めてから上部構造を取りつけるまでの期間は個人差があるが、一般的に下の歯の場合は1ヵ月~1ヵ月半、上の歯の場合は3ヵ月ほどかかる。

5定期的なメンテナンス

術後のメンテナンスが非常に大事。定期的なメンテナンスを行わずインプラントの周りに歯石がついてしまうと、インプラント周囲炎になることがある。インプラントの不具合は自分で気づかないうちに進んでしまうことがあるため、アフターケアは必ず受けることが大切だ。

ドクターからのメッセージ

荒谷 和弘院長

インプラントは、入れ歯やブリッジに比べ、自分の歯のように噛むことが期待でき、耐久性もあるので、歯を失って困っている方には有用な選択肢だと思います。インプラントを入れてしっかり噛めるようになれば、お口のバランスの維持にもつながるでしょう。そしてそれは、ひいては体の健康にもつながっていくと思います。当院では、皆さんが安心して手術を受けられるように、疑問や不安に対し、丁寧な説明を行っています。また、メンテナンスを受けていただくお約束で10年保証もつけています。セカンドオピニオンにも対応していますので、「インプラント手術を受けたい」方も「以前に途中で挫折してしまった」方も、皆さん気軽にご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント手術/土台:23万1000円~、上部構造:5万7750円~ ※骨造成の費用はインプラント手術の費用に含まれます。

Access