スマイルパートナー矯正歯科

スマイルパートナー矯正歯科

松茂 芳紀院長

144038 %e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%8a%e3%83%bc%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91

「患者さんの最高の笑顔を実現するためのパートナーでありたい」をモットーに掲げる、矯正歯科専門のクリニック「スマイルパートナー矯正歯科」。1999年、大阪の中心地・梅田に開院した同院は、各線梅田駅、大阪駅から徒歩5分ほどとアクセスが良い。さらに患者の通いやすさを考慮して平日は20時まで、必要に応じて土・日に診療を行うこともある。松茂芳紀(まつも・よしき)院長は、矯正歯科一筋25年の経験を持つベテラン。診療においては、治療期間の短縮や痛みの軽減など、患者の負担減を何より大切にする患者想いの歯科医師だ。最近は小児矯正にも力を注いでいるという松茂院長が、子どもの頃から矯正を行うことの重要性をはじめ、診療への想いを語ってくれた。(取材日2018年6月11日)

矯正専門クリニックとして3つのこだわり

―矯正専門のクリニックとして、診療ではどんなことにこだわっていますか?

大きくは3つありまして、1つは費用を明確にすること。矯正は保険が利かないこともあって、敷居が高いと感じられている方も多いと思います。そのあたりを払拭できるようなシステムをつくりたい思いがありました。通常、矯正では1回の通院ごとに費用がかかるケースが多いのですが、この従来のやり方では、全部で費用をいくら払ったかわからなくなることもあり得ると思います。そこで当クリニックは通院ごとに費用が発生するやり方をやめ、最初にご提示した金額の中にすべてが含まれているシステムを採用しています。患者さんにとっては費用が明確になるメリットがありますし、実際に「わかりやすい」と言っていただけていますので、これをやって良かったと思います。次のこだわりは、納得できるまでご説明させていただくことです。

―具体的には、どのような説明をされるのですか?

初診で来られた患者さんには、まずその方に合った矯正プランをお話しするのですが、その際に抜歯の必要の有無や費用についてもお伝えし、十分な時間をかけて丁寧に説明するよう心がけています。矯正を始めるにあたって多くの方が不安に思っていらっしゃるのが、抜歯の必要があるのか、ないのか。あと、期間ですね。矯正中は口の中に装置をつけることになります。その期間があらかじめどれくらいになるのか判然としないと、ご納得いただけないと思います。なので一番最初に細かい部分までしっかりご説明して理解・了解を得られた患者さんに治療を行うようにしています。

―梅田という場所も、こだわられたところでは?

そうですね。それが3つ目です。梅田という土地にこだわり、なおかつできるだけ駅に近い場所を求めて、物件はかなり探しました。梅田にこだわったのは私が個人的に良いイメージを持っていたこともありますが(笑)、矯正は期間がかかりますので、通いやすい場所にあることも大事だと考えたんです。通いやすさを考えて平日の診察は20時まで行っていますし、週末にしか通えない方のために、できる限り土曜と日曜も診療を行うようにしています。院内の設計に関しても、いわゆる“歯科医院”のイメージにはしたくありませんでした。患者さんに少しでも安心して、リラックスして治療をお受けいただけるように、ポップな色を多用したんですよ。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細