ヒロコデンタルクリニック

ヒロコデンタルクリニック

田中 寛子院長

14288

自分や家族が受けたいと思う診療を

―患者さんと接する上で心がけていることは何ですか?

自分自身や家族、親戚などを診療するつもりで患者さんの治療に取り組んでいます。いい加減な診察はしたくないですし、患者さんにも納得した上で治療を受けていただきたいと思っています。そのためにきちんと丁寧に説明をし、内容に関しても保険治療や自費治療の選択肢をご説明し、患者さん本人に選択していただくようにしています。例えば、保険治療では使用できる素材や治療法に制限があります。健康保険適用内ですと負担額は少ないですが、素材の耐久年数が短いので、数年後には同じ場所を治療しなければならない可能性が非常に高くなります。歯は治療の度に少しずつですが削ってしまうので、ご自分の歯が小さくなってしまい、近くの健康な歯にも影響を及ぼしかねません。自費診療は高額になってしまいますが、さまざまな制限がないため、より良い素材を使用し正しいメンテナンスを行っていれば、長い歳月を経ても快適な口腔環境を保つことができるんです。実際に私が20年ほど前に自費治療を受けた歯は、今でも何の問題もなく機能しています。患者さん一人ひとりに合った治療法を提案していきたいですね。

―マッサージの施術も行っているそうですね。

スタッフの中にマッサージの資格を持っている者がいて、これがとても人気なんです。患者さんからの希望もあり、今ではマッサージのみの予約も受け付けているんですよ。私の基本理念として、技術や知識を日々向上させて患者さんに良い治療を提供していくことと、スタッフを含めてチーム全体として個性を最大限に生かしてクリニックとして地域貢献をしていきたいという思いがあります。患者さんが身も心もお口の中もリフレッシュできるような場であれたら、私もうれしいですね。他にもNPO法人に登録していて、子育てのアドバイザーをしているスタッフもいるので、情報発信の場となるように院内にチラシや資料を置いています。私はスタッフや患者さんなど、周りの方々に本当に恵まれているので、こんな素晴らしい環境で仕事ができることに感謝しています。

―最後に読者にメッセージをお願いします。

歯は毎日の食事で作られますので、きちんとした食生活を心がけていただきたいですね。お子さんの場合は甘いものを食べたらいけないと思われていますが、それだけではありません。チョコレートや飴を食べたことだけが原因というのではなく、だらだらと食べていることで虫歯になってしまうのです。甘い物が好きな子でも、きちんと時間を区切って食べることが大切です。実際にメリハリのある食生活をしている子は、虫歯になりにくいですね。また子どもたちは年々、顎が小さくなっている傾向があります。よく噛んで食べることが重要で、歯がカチカチと当たることで骨に振動を与え、顎の成長を促してくれるという役目もあるので、ぜひご家庭でも気を付けてあげてくださいね。当院では親御さんが診察中はスタッフがお子さんを見ていますので、安心して受診していただけます。子育て中は自分のことが後回しになってしまいがちですよね。しかし、子どもたちのためにもお母さんが健康であることはとても大切なことです。歯の健診だけでなく、ボディメンテナンスも受けていただけますので、より美しく健康な毎日を送れるように、ぜひ気軽に来院してください。



Access