全国のドクター9,138人の想いを取材
クリニック・病院 161,376件の情報を掲載(2020年4月07日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 駒沢大学駅
  5. フジタデンタルクリニック
  6. 藤田 晃大 院長

藤田 晃大 院長の独自取材記事

フジタデンタルクリニック

(世田谷区/駒沢大学駅)

最終更新日:2020/04/01

14102

駒沢大学駅より徒歩約8分。閑静な住宅街の一角にたたずむしゃれた一戸建て風の建物が「フジタデンタルクリニック」だ。趣きのある木のドアを開けると、ハワイを思わせるブルーの壁と白いインテリアが目の前に広がる。小物にまで気を配られたセンスの良い院内デザインは、すべて藤田晃大院長が手がけたもの。自ら塗った壁は、納得がいく色を作るため試行錯誤を繰り返したという。そのこだわりは、「見えない部分こそ手を抜かず、誠意を持った治療を行うこと」が理念だと話す藤田院長の診療姿勢にも通じている。「技術力を駆使した質の高い治療」をめざし、職人気質にあふれた魅力的な先生の人柄が評判を呼び、現在の患者のほとんどが患者からの紹介だという。歯科診療の新しい形も模索する藤田院長に話を聞いた。
(取材日2018年10月12日)

治療の理念は「見えない部分にこそ誠意を尽くすこと」

壁の色が印象的なとてもおしゃれな院内ですね。

1

壁のブルーにはかなりこだわり、イメージに合う色の壁紙が見つからなかったため、白い壁紙を貼ってその上からブルーのペンキを塗るという形で実現しました。当院は若い女性の患者さんが多いので、どうせなら自分の通っているクリニックがおしゃれなほうがうれしいですよね。外観をあえて歯科クリニックらしくない雰囲気にしているので、ここがクリニックだと気がついていない方も多く、当院では7割ぐらいが紹介の患者さんです。そのため、セカンドオピニオンを目的に当院を頼っていらっしゃる患者さんも多いですね。「他のクリニックでの説明が理解できない」「治療方針に相違がある」などのご相談が目立ちます。当院では、どんなにデンタルIQが高い患者さんに対しても十分すぎるほど説明し、納得いただいてから治療プランを提供するようにしています。

先生の治療に対するポリシーや理念を聞かせてください。

治療理念は、見ない部分こそ大切にするということです。僕が治療した箇所は、最後に詰め物やかぶせ物で蓋をすれば患者さんの目には見えなくなってしまいますよね。だからと言って手を抜くような治療は決して行わず、「見えない部分にこそ、いかに誠意を尽くすか」を大切にしています。これは治療だけに限らず、院内環境に関しても共通して言えることです。ホームページで「最新滅菌システムを完備」などとあえて打ち出さなくても、清潔な環境を心がけるのは当たり前のことだと思いますね。私たちが直接手で触れたものはすぐに消毒するなど、患者さんの見ていないところでいかに正直な対応をするかが重要です。

診療の際、大切にしていることは何ですか?

2

患者さんとのコミュニケーションですね。僕はこちらを信頼してもらって、そこで初めて治療も許可してもらえると考えています。食事や買い物をしたときに納得できないことがあったけれど、その場で不満を言えないと後悔しますよね。そうすると、二度とそのお店に行かなくなると思うんです。そういう事態にならないためにも、僕は常に患者さんがその場で不安や不満を気軽に口にできて、100%納得できるような対応を心がけています。患者さんが少しでも不安そうな顔をしていたら、「言いたいことがあればハッキリ言っていいよ」と、友達と話しているように言うので、すっかり仲良くなって昔からの友人のように一緒に遊びに行くこともあるくらいです(笑)。患者さんが僕の親や奥さんならどうするかを考えながら、治療に取り組んでいます。

人間の持つ技術を最大限に生かした治療を提供

先生の得意分野を教えてください。

3

僕が最も得意としているのは「精密治療」です。かなり細かいところまできちんとやらないと気が済まないタイプなので、過去の虫歯の治療跡が雑だったりすると、我慢できなくなってしまいます。あとは、詰め物やかぶせ物の作製にもこだわりを持っています。最近は、海外で作られる安価なセラミックを使用するケースもありますが、クオリティーに問題がある可能性もあります。当院では、信頼のおける歯科技工士に製作をお願いしています。クオリティーを最も重視するので、技工料がかかってもプロフェッショナルに頼む。安く済ませるために治療の質を落とすことは、僕はしたくないんです。最新機器などに頼るのではなく、技工士、スタッフ、そして歯科医師と、人間の持つ技術を最大限に生かした治療を提供しています。

矯正にもこだわりがあると伺っています。

近年、目立たない透明のマウスピース型装置を用いた矯正のニーズが高まっていますが、実は、僕は20年ほど前から、この装置を手作業で作製しています。夜、ガードとして装着したり、歯周病で歯がグラグラしているのを抑える目的のために作っていたマウスピースが、矯正に使えると気づいたことがきっかけです。院内で作製することでコストカットになり、料金を抑えることが可能ですし、患者さんの歯の形に適した装置を提供できるというメリットがあります。通常は、何ヵ月分かまとめて患者さんに装置をお渡ししますが、当院では患者さんに2週間先の装置までをお渡しし、歯の状態を頻繁にチェックしした上で適切な装置を作製しています。トライアル用の装置も用意しているので、1回分の装置を作製し、着け心地を試してから本格的な矯正に進んでいただくことも可能です。

患者さんからの信頼が厚いクリニックですが、そのために大切にしていることは?

4

今は歯科の治療方法が増えたので、患者さんが複数の選択肢の中から自分自身で治療方法を選ぶというケースが主流になっていると思います。しかし、患者さんが十分な知識を持っていないと正しい選択が難しいので、十分な時間をかけて各治療内容を患者さんに説明し、患者さん自身に学んでいただける環境を大切にしています。患者さんの価値観によって、高くても長持ちする詰め物を良しとするか、料金の安さを重視するのかなども考慮してアドバイスをしています。

歯科が全身にもたらす影響の大きさを伝えていきたい

患者さんとの距離が近いアットホームなクリニックだと感じます。

5

僕個人の意識としては、アットホームではなく、キチッとやりたいのですが、僕のキャラクターがそうなのだから仕方がないですね(笑)。僕はもともと口下手で、自分のアピールが苦手なんです。大学を卒業して歯科医師になったばかりの頃に勤務した歯科医院の女医さんがとてもよくしゃべる方で、当時、僕は自分の腕に自信があったにもかかわらず、患者さんと女医さんの間に入り込む余地がなかったんですね。そのときに、「この仕事はしゃべらなくてはできない」と思いました。気が合わないと僕の良さも伝わらないから、まずは患者さんと仲良くなる。そこに「何とかして治してあげたい」というプラスアルファの気持ちも生まれてきますね。

今後の展望を聞かせてください。

栄養学をもとにしたオーソモレキュラーという自然療法があるのですが、これは投薬だけに頼らず、適切な食事やサプリメントなどから得る栄養素を用いて人間の治癒力を高め病気を治そうとするものです。僕が考えているのは、食べるタイミングや食べ合わせ、食べ方による歯への影響、食べ物によって健康が害されたり、維持できたりすること、体を動かすことが健康につながることなどを学べる場をつくること。ヨガや体操をするフロア、治療室、セミナールームもあり、予防歯科や現在の治療にも取り組める、そんなカフェのような施設をつくりたいんですよ。欧米ではすでに、全身疾患の中には歯からくる病気だと認知されているものも多いのですが、日本ではまだあまり知られていません。歯科の捉え方を変えていくことにも今後取り組んでいきたいですね。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

現代はクリニックの数も治療のバリエーションも豊富になっているので、患者さんが自分で考えて選択する必要性が高くなってきました。できれば患者さん自身にしっかりと知識を身につけていただき、たくさんの歯科クリニックの中から本当に自分が信頼できる歯科医師を見つけてほしいと思います。いわゆる「上手な先生」を探そうとするよりも、人との出会いですから、患者さん側もオープンマインドでいることで、歯科医師も最善を尽くせると思います。良いクリニックを選ぶコツは、スタッフや待合室の雰囲気をチェックすることです。治療にダイレクトに関わる部分だけではなく、こまやかな部分にまで気配りが行き届いているクリニックは、治療も誠実で丁寧だと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置を用いた矯正/表側:10万~85万円、裏側:15万~100万円、インプラント治療/30万円~、ホワイトニング/1万5000円~、セラミックインレー/2万5000円~、セラミッククラウン/6万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access