しみずデンタルクリニック

しみずデンタルクリニック

清水裕之院長

見た目が気になる方必見!
マウスピースを用いた矯正治療

しみずデンタルクリニック

自由診療

Top

歯科矯正というと、金属の矯正器具や金具が気になり、治療への一歩が踏み出せない、という人は多い。そんな人にとって、この透明で目立たず外せて洗える「マウスピース型装置」を用いた矯正治療はまさに朗報。実際に金属が目立つのが嫌で矯正をためらっていたがこれならと始める人や、もっと早く知りたかったと言う人も多いそう。詳細を「しみずデンタルクリニック」清水裕之院長に伺った。(取材日2016年1月18日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

マウスピース型装置の矯正治療はどんなメリットがありますか?

たくさんありますが、マウスピースが透明で直接対話している相手にも気づかれにくいほど目立たない、簡単に外せるので清潔ですし食事も楽しめる、金属アレルギー対策としても有効、の3つが大きなメリットです。

平均的な期間はどのくらいでしょうか?

患者さんの希望や症状にもよりますが、1年から1年半程度の方が多いですね。従来の金属の矯正器具を用いる方法より短く済む場合もあります。また治療開始時に予想期間をお伝えできるので、見通しがきく点も好評です。

費用はどの程度かかるのでしょうか?

症例や治療期間により異なりますが、標準的ケースの場合で72万円~85万円程度です。大人の方の歯科矯正というと非常に高額なイメージですが、金属の矯正器具を使う場合より比較的低価格になる場合が多いですね。

検診・治療START!ステップで紹介します

カウンセリング

まずは本人が気になる点や希望を話す。どの範囲まで治療していくのかなど、歯科医師の立場からの質問に答え、詳細を話し合う。

検査

検査は写真、レントゲン、歯の型取りの3つ。写真は正面と横顔、顔全体のバランスを見るためスマイル写真も撮影するという。レントゲンは歯全体と頭蓋骨など、また型取りは歯全体の模型を作るために行う。

治療方針説明・相談

検査結果を3次元治療計画ソフトで解析し、治療計画を立ててもらう。この段階で治療完了までのおおよその期間や費用がわかり、歯の動きを示すシミュレーション動画もできあがるため、理解しやすい説明が受けられる。

治療開始

治療開始後は1~2ヵ月ごとの診察を受ける。マウスピースは事前に受け取り、10~14日ごとに交換。交換頻度は診察時に微調整します。稀にどうしても事前の計画通り歯が動かない方は途中で修正をします。

アフターケア

治療後は約1年程度、固定のためのマウスピース装置を付け、約2ヵ月ごとに定期検診を受ける。検診時には噛み合わせのチェックや歯のクリーニングなどを受ける必要がある。

ドクターからのメッセージ

清水 裕之院長

このマウスピースによる矯正治療は、患者さんからも治療中の見た目の自然なきれいさや衛生面の評価が高い方法です。マウスピースは着脱可能なので、虫歯や口内炎などのトラブル、違和感や不快感を軽減できます。特に歯並びが気になっているがワイヤーが気になって一歩を踏み出せなかった方にはお勧めの方法です。接客業をなさっている方もされていますよ。より良い人生のために、ぜひ気になっている点を解消してください。

読者レポーターのメッセージ

若木さん

治療開始前に完了までの歯の動きなどが見られるシミュレーション動画があると知ってびっくりしました。すべての過程が治療前に分かるので、安心感が違いますね。事前に使用するマウスピースがそろうので「あと何枚」といったように着実に進んでいく達成感があり、治療自体を楽しめるのではとも思いました。またマウスピースが透明で美しく、これなら人目に付きにくく違和感もないと思います。外して歯磨きができる点も衛生的でいいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細