なおこ皮膚科クリニック

なおこ皮膚科クリニック

服部 尚子院長
頼れるドクター掲載中

13974 %e3%81%aa%e3%81%8a%e3%81%93%e7%9a%ae%e8%86%9a%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

看取りまで行う緩和ケア、往診もライフワーク

―医師を志した理由やご経歴を教えて下さい。

兵庫県出身で大学は経済学部を出て公認会計士として働いていました。医師をめざしたのは医師である夫と結婚したことがきっかけです。医師の仕事に興味を持ち、やりがいのある仕事だと感じて医学部に再入学しました。その後長男を出産し、育児をしながら勉強していましたね。卒業後は育児との両立を考えて皮膚科を選択。社会保険中央総合病院、関東中央病院、三井記念病院、同愛記念病院に勤務し、東芝病院皮膚科科長・緩和ケア科医長を務めた後に開業しました。

―緩和ケアを行うことになったきっかけをお聞かせください。

人生の最終章を自宅で病気の苦痛を最小限に抑えた状態で穏やかに過ごすというのは、大変貴重なことではないでしょうか。大学病院や総合病院に勤務していた頃、末期がんなどの患者さんと接する中で亡くなる時に「幸せだった」と思えなければ本当に幸せな人生とはいえないのではないかと感じていました。亡くなる時に「幸せな人生だった」と思っていただきたいという願いから、緩和ケアに関わりたいと考えたんです。東芝病院勤務時代には緩和ケア病棟の立ち上げから深く携わりました。かつては自宅で死にたいと願いながらも家族に遠慮して病院で亡くなる方が多いといわれていましたが、近年は自宅での看取りを希望される方が少しずつ増えてきました。当院ではそのような方のうち高度な医療を必要としない方を往診ベースで診させていただいています。老衰を看取ることもありますね。

―在宅診療、往診はどのように行っているのですか?

来院が難しい患者さんのお宅へ伺っています。往診は私も、木村も担当しており、平日の外来時間帯のほか昼休み、休診日、外来終了後に行っています。都合がつくときは、緊急の依頼にも対応しています。患者さんは脳梗塞などにより寝たきりになられた方や認知症の方などご高齢の方がほとんどで、皮膚科と緩和ケアの両方を診させていただいています。往診では何より患者さんとご家族のお話をしっかりお聞きすることが大切ですね。それによって信頼関係が構築され、より良い診療につながります。往診は私の体力が続く限り長く続けていきたいですね。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細