大橋眼科クリニック

大橋眼科クリニック

島崎美奈子 院長

13755 df 1 main 1438044845

区民のため、やがては都民のためになる地域医療に貢献

―ところで、先生が医師をめざしたきっかけは何でしたか?

私の父と母は品川で開業医をしていました。母方の家系は十代以上も続く医師家系だったので、小さい頃から私も医師になるのだと思っていましたし、父は小児科医として、母は産婦人科医として、患者さんと接している後ろ姿を見て育ちましたから、この道を選んだのは自然なことでした。眼科を選んだのは手術ができるから。日々進歩していく医療技術と光学機器やデジタル画像を駆使して治療するとてもアカデミックな学問であるところ、そして、やはり目を診れば色々な体の疾患に通じることが魅力でしたね。

―お忙しい中、お休みの日はどのように過ごされますか?

昔から体を動かすことが好きで、ストレス解消のためスポーツは何でもやります。主に水泳やジムでの筋トレなどですね。私が元気でないと患者さんもスタッフも元気になれないと思うので、いかに私の健康状態を維持していくかがとても重要です。ほかには、お休みの日には家事全般を。料理を作るのも好きで、中でも得意なのは和食です。

―最後に今後の展望や読者へのメッセージをお願いします。

現在、医師会理事の公務の時には大学の医局から医師を派遣していただいているのですが、大学の先生が加わると、クリニックの診療全体がレベルアップします。私も大変刺激になるので、こういった刺激を受けつつ、常に最新の医療情報を吸収していきたいです。また現在もOCT(光干渉断層計)をはじめとする大学病院並みの検査機器をそろえていますが、眼科の医療機器は日進月歩ですから、できるだけ新しい機器を導入し高度医療を取り入れていきたいです。そういった展望を考えつつも、今私に与えられた仕事、つまり目の前の患者さんをしっかりと診療していきたいですね。当院は、患者さんのことを第一に考えた、思いやりのあるクリニックです。できる範囲で高度医療に取り組み、必要に応じてさまざまな医療機関とチーム医療を行っていますので、どんなことでも相談に来ていただき、スタッフにも話しかけていただければと思います。また、父と母の医師としての半生を間近で見てきて、医師会活動の大切さを実感しています。地域医療のために、区民の、そして都民の健康維持のために尽力していきたいと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento after
Toneri after
Taito after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細