全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月23日現在)

木村歯科医院

木村歯科医院

木村和昭院長

医療トピックス

末長い歯の白さと健康のために
歯科治療の保険と自費

木村歯科医院

保険診療

自由診療

Top

歯科治療において、注目度の上がっている自費治療。治療はもちろん、見た目も良く耐久性も高い材料や機器を使える自費治療を希望する患者は増えてきている。その反面、多くの患者にとって「自費治療は高い」というイメージが付きまとっているのも事実だ。しかし何をもって「高い」と感じるかは人それぞれ。高額であっても、本当に必要なものであれば患者にとってそれは「安い」ものなのかもしれない。患者の求める治療と治療期間、予算など、さまざまな条件をすり合わせ、患者にとって「価値のある治療」の提供を心がける「木村歯科医院」院長の木村和昭先生。木村院長に保険治療、自費治療の特徴を中心に、「価値のある治療」とは何か、話を聞いた。(取材日2016年7月26日)

保険治療と自費治療のメリット・デメリットを明確にし患者にとってより良い治療を見出す。

先生の考える良い治療とは何でしょうか?

Tp1 ▲治療を行わないようにする「予防」が大切だと語る木村院長 まず大前提は「病気にならないように予防すること」ですね。歯は治療すればするほど削らなければいけなくなりますし、削ってしまった部分は元に戻せません。まずは削らなくて済むよう、健康な自然の歯を残すことが第一なんですよ。どうしても削らなければいけない場合は、削る部分を極力少なくすることが重要となります。歯の根が残っていれば、100%ではないとはいえ、噛む力の回復にもつながるからです。健康な歯を残すためにも、予防意識と早期治療は欠かせないもの。歯に違和感があるときはもちろん、日ごろからクリニックでチェックをしてもらうと良いですね。

保険内で行える治療では足りないのでしょうか?

Tp2 ▲患者の健康を第一とした治療をめざす 保険治療でも十分に治療できますので安心してください。ただ、保険治療はどんな人でも”ある程度"回復を見込んだ平均点の治療。限りなく満点に近い結果を求めるのであれば、自費治療を視野に入れるべきですね。保険治療で使用する金属に対してアレルギー反応が出るという報告もあるため、金属アレルギーに対する不安がある方は、早めに自費治療も視野に入れて相談した方が安心ですよ。しかし、何でも自費治療という考え方も良くありません。小さな詰め物であれば保険治療の方が削る量も少なく、元の歯を生かすことができるので、本来の噛む力を生かすことができます。また、保険治療は即応性に富んでいるので早く進めたい場合にもおすすめです。

では、自費治療のメリットとは何でしょうか?

Tp3 ▲自費のクラウン。天然歯に近い白さを持つ 見た目の美しさと機能性の高さ、品質の持ちの良さを追及できることですね。例えば保険治療のプラスチック製の補綴物(歯の被せ物)は、口腔内の環境によっては数年で色素が内側まで沈着してしまうため、磨いても白さを取り戻すことができません。対してセラミックの補綴物(歯の被せ物)は色素が沈着しにくく、歯に付いた汚れも取れやすいため、きちんとケアをすれば美しい状態を維持することができます。歯に付いた汚れが取れやすい、ということは口腔内の健康を保つことにもつながります。治療をする歯だけでなく、治療後の口腔内全体のことも考えると、自費治療のメリットは大きいと感じますね。

自費による治療は高額というイメージもありますが……。

Tp4 ▲自費も保険もしっかりと治療説明を行う 保険治療と比べ、素材も高価で技工にも手がかかるため、どうしても高額になってしまいますね。当院では、小さな虫歯などであれば保険治療で対応しますが、削る量が多くなる場合はこちらから自費治療を提案することもあります。治療後どうなるかイメージが湧かない場合はまずは保険治療をし、改めて自費治療を検討することもできますよ。ただ、治療が重なるとその分歯を削らなくてはいけなくなるため、患者さんの歯の強度によっては最初から自費治療をすすめる場合もありますね。自費治療を提案するのは、歯科医師として自費治療が患者さんにとってよりメリットがあると考えてのこと。費用面も含め、しっかりご説明させていただきます。

木村歯科医院ではどのような治療が受けられるのでしょうか?

Tp5 ▲自費治療を押しつけたりしないので安心してほしいと木村院長 最近、補綴物にガラスセラミックを導入しました。ハンドメイドによるものなので、より適合が良く見た目も自然で、耐久性も高いのでおすすめですね。当院ではガラスセラミックは10万円、ジルコニアセラミックは8万円、フルジルコニアは6万円、プラスチックとセラミックを混ぜたハイブリットセラミックは5万円からと、なるべくリーズナブルに提供しています。これらの材質はブリッジや部分的な詰め物などにも対応していますので、患者さんの考える治療後のイメージに合った治療を提案いたします。患者さんにとっては見た目も重要ですが、費用も同じくらい重要。費用も含めて治療計画を組み立てていきますので、安心して相談してほしいですね。

料金の目安

ガラスセラミック/10万円~ ジルコニアセラミック/8万円~ フルジルコニア/6万円~ ハイブリットセラミック/5万円~

ドクターからのメッセージ

木村和昭院長

保険治療、自費治療はそれぞれにメリット、デメリットがあります。そしてそのとらえ方は人によって異なります。患者さん一人ひとりにとって、価値の感じ方は異なる、ということです。患者さんの求める治療とは何かを相談してください。そして相談の後、提案された治療を冷静に比較し、自分にとって重きを置くべきところは何かを見極めてほしいですね。歯科医師にできることは「どんな治療方法があるか」を提案するところまで。最終的に方針を決めていただくのは、ほかの誰でもなく患者さん自身です。治療に疑問や不安のある方も、一度相談していただき、一緒に「価値ある治療」を見出していきましょう。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細