島田歯科医院

島田歯科医院

島田健雄院長

気軽にできるホワイトニング
ニーズに応じた選択が可能

島田歯科医院

自由診療

Top

ホワイトニングと聞くと、結婚式や面接などの特別なイベント前にするもの、あるいは、芸能人や美意識の高い人が受けるものというイメージを持つ人も少なくないだろう。 しかし最近は、口元の印象を明るくする効果的な方法として、幅広い世代に浸透しつつある。ホワイトニングには、主に、通院して少ない施術回数で歯を白くできる方法と自宅で手軽に行う方法があり、ニーズに応じてその人に合った方法を選択できるのが強み。歯がきれいになることで、予防意識の向上も期待できるホワイトニングに力を入れる「島田歯科医院」の島田健雄院長に、メリットや治療の流れについて話を聞いた。(取材日2017年7月6日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

ホワイトニングにはどのような方法がありますか?

大きく分けて、クリニックで行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で患者さん自身が行う「ホームホワイトニング」があります。オフィスホワイトニングは濃度の高い薬剤を用いて特殊な光を当てることで、短期間で歯を白くすることができるのが特徴です。最近では、虫歯や歯周病予防にも効果が期待できるホワイトニングシステムもあります。一方、ホームホワイトニングは、薬剤を入れた専用の装置を装着する方法で、自宅で手軽にでき、思い通りの白さになるまで自分のペースで続けられるのがメリットです。状況に応じて2つを併用する方法もあるので、どれが自分に適しているかは、歯科医師と相談しながら決めていきましょう。

ホワイトニング後はどのようなことに気を付けたらよいですか?

ホワイトニング直後は、歯の表面を保護している薄い膜が剥がれているため、歯に色が付きやすい状態になっています。そのため、24時間以内はコーヒーや紅茶、カレーといった濃い色の飲み物や食べ物を極力控えるようにしましょう。もし色の濃い食事をとる場合は、できるだけ早めに歯を磨いたり、難しい場合は水を飲んだりするなど工夫してみてください。また酸性のものは、歯の表面のカルシウムを溶かしてしまうため、柑橘系の果物や炭酸飲料、酢の含まれる食品などにも注意が必要です。その後は、定期的なメンテナンスを行うことである程度白さを維持できますので、あまり神経質になる必要はありません。

ホワイトニングの効果はどの程度であらわれますか?

個人差はありますが、「オフィスホワイトニング」は1~3回、「ホームホワイトニング」は1~2週間で、それぞれ効果があらわれるといわれています。効果が出るまでの期間に差があるのは、色に対する感覚が人によって異なることや、飲食、喫煙、歯磨きの仕方などに応じて個人差があることが考えられます。より長くきれいな歯を維持するためには、2~3ヵ月に1回のペースでメンテナンスを受けてクリーニングを継続するとともに、月に1回程度ホワイトニングを行うといいと思います。また、ホームホワイトニングの場合は、自宅で週に1~2回装置を使い続けていただくことでより白さを維持できます。

検診・治療START!ステップで紹介します

問診票に記入する

受付を済ませたら、問診票に記入する。口腔内に何かしらの症状がないかどうかの確認や既往歴などに関する簡単な質問がメイン。ホワイトニングを受けるにあたっては事前に特別な準備は必要ないので、気軽に受診できる点もうれしい。なお、ホワイトニングは予約制で行っているクリニックもあるので、事前に電話などで確認しておくのが良いだろう。

丁寧なカウンセリング

診察室へ移動してカウンセリングを受ける。施術の流れや、歯の白さを保つためにはメンテナンスを受け、定期的にホワイトニングをする必要があることなどの説明がなされる。ここで大切になるのが、ホワイトニングをする目的の確認。いつまでに歯を白くしたいか、どれくらい白くしたいのかなどの希望をはっきりとさせ、それに合わせて治療のスケジュールを立てる必要があるからだ。不安や疑問があれば、しっかりと聞いておこう。

口腔内のチェック

問診票をもとに、口腔内に問題がないかを歯科医師がチェックをする。小さな虫歯や歯周病があってもホワイトニングは可能だが、大きな虫歯や進行した歯周病がある場合は、それらを優先して治療してからホワイトニングをすることになる。 なお、妊娠中や授乳期の女性は安全性を考慮し、施術を避けたほうが良いとのこと。

薬剤を塗布し、LEDを照射する

目を保護するためのサングラスをかけ、ホワイトニングがスタート。歯に薬剤を塗布した後に専用の機器でLEDを照射する。薬剤に含まれる過酸化水素水がLEDの光と反応して、歯が白くなるという仕組みだ。LED光を当てている時間は9分ほど。その後薬剤を拭き取り、軽く口をゆすいで終了となる。白さの希望によって、2~5回ほど繰り返すのが一般的だ。

効果を確認する

施術が終わったら、効果を確認して終了。オフィスホワイトニングの場合、だいたい1回で歯の表面がツルツルになることを実感でき、2~3回行うと、歯が白くなったことを目視で確認できるようになる。歯の白さを保つためには、月に1回程度のペースで継続的にホワイトニングをすることが必要だそう。

料金の目安

オフィスホワイトニング/1回5000円~、ホームホワイトニング/2万円~

ドクターからのメッセージ

島田 健雄院長

ホワイトニングというと特別なときに行うものというイメージをお持ちの方がいるかもしれませんが、自宅で簡単にできるホームホワイトニングはもちろん、クリニックで行う場合も特別な準備は必要ありません。最近では、虫歯や歯周病予防にも効果の期待できるホワイトニングシステムも出てきていますし、患者さんのニーズに応じた対応が可能です。色の後戻りに関しても、定期的にメンテナンスを受けてホワイトニングを行えば、きれいな状態を維持できますので、口元への意識が高まり、健康を守る上でも効果的だと思います。まずは気軽にご相談いただきたいですね。

読者レポーターのメッセージ

加藤桃子さん

ホワイトニングには以前から興味があったのですが、「痛みはないのかな?」とか「ホワイトニング後のケアが面倒なのでは?」といろいろと考えてしまい躊躇していました。でも、口腔内の状態を整えた上で行えば問題なさそうですし、こちらのクリニックでは安全面にも十分配慮しているとのことで、安心して受けられそうです。先生が話しやすくて、何でも質問できそうなのもうれしいですね。ぜひ前向きに検討してみたいと思います。

記事更新日:2017/08/31
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細