かんきクリニック

かんきクリニック

神吉利典 院長

頼れるドクター

136431 df 1 main 1453263444

悪くなる前に病院へ来て相談してほしい

―先生はなぜ、脳神経外科を専門に選んだのですか?

もともと内科的なことより外科的なことのほうが好きだったんです。自分の技術で患者さんを治療したいということです。医学部に入る前は、少し工学部に通っていたこともありました。それと当時は、脳を選ぶ医師が少なかったんです。あまり人が多いところに行くと、自分のやれる範囲が狭くなるのが嫌だったんですね。それで脳神経外科を選んだのですが、でもなってみると、とにかく大変でした。休む時間がないんです。患者さんの具合が悪くなるのは突然ですから。24時間、365日、いつでも患者さんは来ますし、夜中も手術をしなければならない。朝から診察して、夜中に手術をして、次の日も診察してと、36時間とか48時間働きっぱなし、なんていうことがしょっちゅうでした。

―ご自身で、健康のために何かしていますか?

早寝早起きというか、睡眠時間をしっかりと取るようにしています。朝型の人間なので、5時には起きて、6時にはここに来て、7時には入り口を開けて受付をはじめます。この病院に一番早く来て、最後までいるのは僕です(笑)。あとは健康のためにというわけではないですが、よく家内とゴルフに行きますね。旅行があまり好きじゃないものですから。2人で行ける時は行きますし、あとは家内の父親や親戚、同級生と行くことが多いですね。初めてゴルフをしたのは大学生の時なので、もう30年以上になるでしょうか。

―最後に読者へのメッセージをお願いします。

病気はある日突然起こることが多いのですが、その時にはもう手遅れのことが少なくないんです。例えば脳梗塞は、なってからでは元には戻せません。だから病院には悪くなってから来るのではなく、悪くならないようにするには、どうすれば良いのかを相談に来るほうが良いと思います。体調がおかしいとか、疲れが取れない、目まいがするとかの時に、早めに病院へ来て、どうしたら良いのかを相談してほしい。それがベストな病院の使い方だと思います。そして何か病気が見つかるとがっかりしてしまう方が多いですが、それは逆で、何もない時に見つかってよかったんです。なので取り返しのつかないことになる前に、心配があれば気軽に相談に来てほしいと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細