うちだ痛みのクリニック

うちだ痛みのクリニック

内田 貴久院長
新規開院

135991 %e3%81%86%e3%81%a1%e3%81%a0%e7%97%9b%e3%81%bf%e3%81%ae%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

痛みを取り除きたい一心で、ペインクリニック専門に

―医師をめざしたきっかけとペインクリニックを専門にした理由を教えてください。

親族に医師や歯科医師が多く、姉も小児科医師で、周りの環境が大きいですね。高校時代は工学部に進もうと考えたこともありましたが、最終的には医学部を選びました。子どもの頃から手先は器用でしたね。今でも修理や日曜大工は得意で、医療機器の調子が悪くなったら自分で直したり、ベッドも壊れたらばらして組み立てたりもしています。ペインクリニックに進んだきっかけは、大学時代に家族で痛みについて話をしたことがあったんです。すでに医師として診療していた姉は「ある程度の痛みは仕方がない」と言ったのですが、僕は「専門的な視点では確かにそうかもしれないけれども、患者さんのためにはなんとかしなければいけないだろう」と思い、その意識の差が心に引っかかって痛みの勉強をしたいと思うようになったんです。ただ、当時はペインクリニックがまだなく、痛みの治療は麻酔科でしていましたので、大学卒業後、大阪大学医学部の麻酔科に入局しました。

―その後、開業されるまでの経緯を教えていただけますか?

麻酔科では痛みを取るというだけでなく、手術を無事に遂行するために診療科を問わず手術患者さんの全身管理を行いますし、小児から高齢者まであらゆる年代の患者さんに対応できなければいけないということで、各地の関連施設を回って経験を積みました。ただ、その頃は今のようにペインクリニックに特化した外来もなかったので、麻酔科の医師として診療しながら痛みの治療もさせてもらうという感じで、トレーニングの場もなく、自分自身で勉強するしかありませんでした。最終的には、NTT東日本関東病院で研修を受けて本格的に痛みの治療を学びました。開業についてはあまり考えていなかったのですが、麻酔科とペインクリニックとの二足のわらじが大変で、どちらか一つとなると開業するしかないということで開業に踏み切りました。

―診療の際、大切にしているのはどんなことですか?

さまざまな医療機関であらゆる検査や治療を受けて治らない方に対し、また同じようなことをしてもあまり意味がありません。ですから、まずしっかりお話をして患者さんの痛みを正しく理解するようにしています。原因が明確な場合はある程度治療のめどはつきますが、必ずしも痛みがゼロになるわけではありませんので、「精いっぱい楽になるようにします」ということをお話しして患者さんに理解していただきます。治療の経過を見ながら「痛みが楽になったからこんなことができるようになったでしょう」と良い方向に導くこともします。ペインクリニックでは、このような精神科的なケアも大事にしているんです。もちろんお話だけでは患者さんに納得していただけませんので、神経ブロックや、炎症を抑える作用のある近赤外線治療器などを用いて、できるだけ痛みを取り除きます。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細