全国のドクター8,574人の想いを取材
クリニック・病院 161,525件の情報を掲載(2019年11月13日現在)

医療法人あおぞら 癒やしの森メンタルクリニック

医療法人あおぞら 癒やしの森メンタルクリニック

武藤 太 院長
頼れるドクター掲載中

20180507 %e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

患者の状況を分析して一緒に問題を把握

―先生が医師をめざされた理由やご経歴について教えてください。

私の兄弟が小さい頃からよく病院に行っていたため、医療の仕事には特別な思いを持っていました。医師となり精神科を専門にしたのは純粋に学問的な興味からです。臨床を経験するうちにその奥深さを徐々に知るようになりました。浜松医科大学を卒業後、故郷である名古屋市内の総合病院で2年間の全科研修を終え、名古屋大学医学部附属病院精神科、その後、静岡県立こころの医療センター、そして一宮市立市民病院今伊勢分院に勤務し、精神科部長を務めるに至りました。年齢とともに管理職としての仕事が増えてきたのですが、やはり患者さんとふれあう臨床をしたいという気持ちが強くなり、開業しました。

―こちらでの治療の流れについて教えてください。

ケースバイケースですが、多くの方は何らかの危機的状況になり、心や体にSOSのサインが出て当院に来られます。落ち着きがなくなったり不安になったり、息苦しくなったり泣けてきたり。ですからまずその危機的状況を分析し、そのもととなっているものを把握することが一番大切です。当院では臨床心理士あるいは看護師が、予診といって小診察室で1時間ほどかけてお話を伺います。部屋は窓がありやわらかい光が入り込むようになっています。動転していてうまく話がまとまらない方でも丁寧にお聞きしていると次第に冷静になり、私が診察室のドアを開けてお呼びする時には随分すっきりされて、診察がスムーズに進むことも多いです。ほとんどの方は自己回復力を持っていますので、問題を把握し、周りの環境も整えていくと、その力で良い方向に行くようになります。薬はそれを助けるために有効な場合のみ最小限のものを使います。

―話を聞くことをとても大切にされているのですね。

はい。軽度から中度の方に対しては、重症の方のように薬か入院かではなく、一緒にお話をしながら解決法を見出していく治療の進め方になりますので、開業医としてやりがいがありますね。診療中、私はパソコンではなく患者さんのほうを見てメモをとりながらお話を聞き、それを改めて自分で見直しつつさらに打ち込んでいきます。夜遅くまでかかるのですが、実はこれが患者さんについての復習と予習になっているわけです。次に患者さんが来られたときに蓄積されたお話が頭に入っているので、濃密な診察時間にすることができます。この方法を医師仲間にも勧めているのですが、大変だといって誰も真似をしてくれません。確かに昼食の時間がなくなるときもありますが、体のために20分の昼寝は確保しています(笑)。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細