医療法人医伸会 かねこ内科リウマチ科クリニック

医療法人医伸会 かねこ内科リウマチ科クリニック

金子 元英院長

頼れるドクター

134346 %e3%81%8b%e3%81%ad%e3%81%93%e5%86%85%e7%a7%91%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%9e%e3%83%81%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

何でも気軽に相談できる、身近なかかりつけ医を持とう

―先生が医師を志したきっかけは?

体が弱かったからだと思います。肺炎やひどい腸炎にかかって、小さい頃は幾度となく死にそうになりました。幼稚園も半分以上行けなくて、とにかく体が弱かった。そのとき病院にかかりながら、病気を治すお医者さんってすごいと思ったんですね。小さい頃から本を読むのが好きで、それから人間ほど不可思議なものはないと興味を持ったことも大きいかな。今でも忘れられないのが、「人間の体の中には釘6本分の鉄分がある」ということ。釘6本の鉄が体にあるなんて子どもには想像つかないわけです。そういう体の不思議さ、奥深さに惹かれ、これを学んだらおもしろいだろうなあと思うようになったのが、最初のきっかけでしたね。

―日頃の健康管理で気をつけていることはありますか?

なるべく体を動かすよう心がけています。先ほどお話ししたエックス線撮影と関節注射は、患者さんとのコミュニケーションの手段ですが、実は僕にとって運動の手段でもあるんです。一日中診察室の椅子に座ってるだけだとエコノミー症候群になってしまいますから。エックス線撮りに行って走って帰ってきたりする僕の姿を見て、患者さんは「先生頑張ってるねえ」と言ってくださいますが、実はそうやって運動してるんです(笑)。プライべートでもジョギングやウエートトレーニングをしてますよ。

―読者に健康維持のためのアドバイスをお願いします。

病気の早期発見が大事です。そのためには正しい病院のかかり方を知ってほしいですね。病院にかかり慣れていないと、うまく症状が伝えられなかったり、言いたいことが言えなかったり。そうならないためにも、健康なうちから気軽に相談できるかかりつけ医を持ち、不安なことがあればそれをすべて伝えること。それが診断の手がかりになり、病気の早期発見につながると考えています。また当院には高齢の患者さんが多く、寝たきりの予防にも力を入れていますが、若い頃から健康への意識を高めておくことや人と関わりを持つよう心がけることも大切だと思います。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musatama after
Chiyochu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細